FTX、ソラナ系銘柄が上場予定

PRISM上場へ

大手グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは27日に、ソラナ(SOL)系銘柄の上場予定を発表した。

上場対象はPrism(PRISM)という銘柄で、日本時間28日23時に取引を開始する予定。取引ペアはRPRISM/USDで、現物取引のみになる。また、FTXへの上場はPRISM初の中央集権型取引所の上場だ。

Prismはソラナ基盤のDEX(分散型取引所)のアグリゲーターで、各ソラナ基盤のDEXから取引データを集約し最適の値段(ベストプライス)をユーザーに提供。また、「Simple Mode」というAMM(自動マーケットメイカー)の機能のほか、証拠金取引が可能な板取引機能も利用可能だ。

関連AMM(自動マーケットメーカー)が価格に与える影響とは|Deribitアナリスト分析

PRISMは現在、ソラナ基盤のDEX「Raydium」および「Serum」に上場している。また、Raydium上ではPRISMのイールドファーミングができる。

関連DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します