パレットトークン(PLT)、仮想通貨取引所Bybitに新規上場

パレットトークンが上場

暗号資産(仮想通貨)取引所Bybitは28日、銘柄の新規取り扱いを発表した。

対象銘柄はパレットトークン(PLT)で、現物取引として上場。入金は上場と同時に開始した。提供するペアはPLT/USDTで、海外取引所への初の上場となる。

現物取引とは

仮想通貨を実際に売買する取引のこと。売却を行う場合は、あらかじめ対象の仮想通貨を保有していることが前提となる。

▶️仮想通貨用語集

パレットトークンは、「パレット」のネイティブトークン。パレットとは、アニメや漫画、スポーツや音楽のためのブロックチェーンで、日本発のデジタルコンテンツをNFT(非代替性トークン)として発行し、管理や流通まで行うことができるネットワークだ。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

また、パレットトークンは今年7月、コインチェックで日本初のIEO(Initial Exchange Offering)が実施されたことでも注目を集めた。

関連仮想通貨の新たな資金調達法、IEOとは|ICOとの違いやメリットを解説

Bybitは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上のパレットトークンである「ePLT」のみに対応。パレットチェーン上の「pPLT」には対応していないという。

今回の発表では「Bybitに上場したことで、世界中の個人・機関投資家がポートフォリオにパレットトークンを組み込めるようになった」と説明。そして「今後は日本だけではなく、パレットトークンがグローバルに発展していくことを期待している」とした。

関連国内初のコインチェックIEO、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴と魅力とは

関連仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します