韓国の大統領候補、選挙資金の寄付者にオリジナルNFTを贈与

選挙資金の寄付者にNFTを配布へ

韓国大統領選の有力候補は、NFT(非代替性トークン)により選挙資金を調達することを発表した。

The Korea Timesの報道によると、2022年の韓国大統領選挙における、与党「共に民主党(以下、民主党)」の候補者イ・ジェミョン(李在明)氏は、自身の選挙運動への寄付者にNFTを贈る予定だ。

今月から、李氏の写真や政策が描かれた、それぞれ唯一の特徴を持つNFTを、選挙戦に寄付した支持者に送付するという。民主党は、このNFTは一種の債券の役割を果たし、保有者が他の個人とNFTを交換できるようにすると説明している。暗号資産(仮想通貨)での寄付も受付開始するという。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

こうした資金調達方法は、政治資金法や公職選挙法に違反するのではないかという懸念があったが、今回その問題は払拭された。

民主党によると、韓国の中央選挙管理委員会(NEC)は先月、NFTを利用した資金調達は関連法に違反しないことを確認したという。同党は、過去8か月間、NECなどの政府機関とこの件について協議しており、寄付金は公職選挙法と政治資金管理に関するガイドラインを遵守しながら管理されることになる。

「Play-to-Earn」のゲームにも肯定的

李氏は、先月にも、ゲームユーチューバーのチャンネルで行われたインタビューで、「韓国はゲームと仮想通貨、NFTの統合という世界的なトレンドをリードすべきだ」と発言。

ゲームをプレイして現実世界の報酬を得られる「Play-to-Earn」のゲームについても、否定的に見る必要はないとして、次のように述べている。

NFTは新しく開かれた市場であり、とても重要な存在になりつつある。今後ますます、その存在感は大きくなるだろう。NFTを活用したゲームはすでに存在しており、否定する必要はない。早く適応して活用することが大切だ。

韓国の公的なゲーム管理委員会が、「Play-to-Earn」のゲームについて投機などを理由として、否定的に見ている状況を受けた発言だ。若い世代の票を獲得する狙いもあると考えられる。

フェイスブック投稿をNFT化した朴議員

民主党の中では、パク・ヨンソン(朴映宣)議員が2日、独自にリリースしたNFTを、約300万ウォン(約29万円)で売却したことを明かしている。

朴議員は2018年、フェイスブックに仮想通貨取引所の閉鎖に反対する投稿を掲載していた経緯があり、この投稿をNFT化して12月末に、大手NFTマーケット「OpenSea」に登録していた。このNFTが売れた格好だ。

同議員は、次のようにコメントしている。

販売利益は、社会問題を解決するために、有意義な場所にデジタル資産として寄付したい。様々な分野で自分の好きなものをデジタル化し、価値を共有しあう。そうしたことを可能にするデジタルの世界に一歩を踏み出せたように感じる。

朴議員は、自身の似顔絵と新年のメッセージを添えた別のNFTも発行した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します