ゴールドマン・サックス、ビットコイン価格を予測

ビットコインの価格予想

米金融大手ゴールドマン・サックスは4日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の価格は10万ドル(約1,100万円)を超える可能性があるとの見解を示した。

これからも価値の保存手段として、ゴールド(金)から市場のシェアを奪っていくというのが予想の根拠。ゴールドマン・サックスの仮説通りにいけば、ビットコインの価格は10万ドルを超えると述べている。

今回の価格予想は、顧客向けの情報を入手した複数の海外メディアが報じた。ゴールドマン・サックスは、デジタル資産が広く普及する恩恵を受けて、ビットコインは価値の保存手段としてシェアを広げると予想。

ゴールドマン・サックスが価格予想に利用したデータは、浮動数を調整した上で算出される時価総額。浮動数とは、市場に出回っている資産の数量を指す。

本記事執筆時点でビットコインの時価総額は、およそ8,700億ドル(約100兆円)。一方で、ゴールドマン・サックスは実際に出回っている数量を考慮に入れれば、ビットコインの時価総額は7,000億ドル(約81兆円)以下だと見積もっている。

この7,000億ドルを基準にして、ゴールドの時価総額を2.6兆ドル(約300兆円)とし、ゴールドマン・サックスはゴールドとビットコインだけのシェアを比較。そうするとビットコインのシェアは約20%だが、仮説として今後5年間でこの数字が50%まで増加すれば、ビットコインの価格は10万ドルを超えるとした。

ゴールドマンサックスの資料を入手していないこともあり、どのように細かい計算を行なっているかは不明確だが、海外メディアによると、これが価格予想の根拠である。

市場シェアを広げるためには

ビットコインのシェアが増加するための要因として、ゴールドマン・サックスは価値の保存手段以外のユースケースが生まれる可能性があり、それが追い風になると指摘。また、ビットコインの処理能力を高めるソリューションが、シェアを広げる要因になるとも述べたという。

さらに、ビットコインがマイニングでエネルギーなどのリソースを必要とすることが、需要を妨げることはないだろうとの見解も示した。

マイニングとは

コンセンサスアルゴリズムに「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」を採用する仮想通貨の取引を検証・承認すること。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

関連:BTCと米株市場の相関係数0.35まで上昇、主要金融資産の年間騰落率は3年連続首位に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します