AP通信、Polygon採用の写真NFTマーケットプレイスをローンチへ

AP通信、写真NFTを販売へ

大手メディアのAP通信は10日、独自の写真NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスを1月末にローンチすることを発表した。ブロックチェーン企業Xooaと連携して、ポリゴン上で同社の時事系写真をNFT化していく。

マーケットプレイスは1月31日のローンチを予定。現在の世界情勢に関わる写真だけではなく、過去のフォトジャーナリズム作品を掲載する。また、作品の日時や場所だけではなく、撮影に使用された機材などのメタデータもNFTの一部に含まれるという。

ピューリッツァー賞を受賞したAP通信の写真もNFT化される見込みで、1月31日から宇宙や気候変動、戦争などに多岐に渡る題材の写真NFTをリリースしていく。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームのキャラクターやアイテムだけでなく、アート作品など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連: 大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

NFTマーケットプレイスの提供にはブロックチェーン企業のXooaが担当。同社は2017年設立の企業で、ブランドなどを対象に、ホワイトラベルのNFTマーケットプレイスの構築に特化している。

決済手段はクレジットカードに加え、暗号資産(仮想通貨)ウォレットへの対応も行う。メタマスクやバイナンス、コインベースなどとの連携も予定しているという。

関連:「MetaMask(メタマスク)」とは|月間2000万人超が利用の仮想通貨ウォレット

AP通信のブロックチェーン・ディレクターDwayne Desaulniers氏はNFTマーケットプレイスのローンチについて、以下のようにコメントした。

175年にわたり、我々の写真家達は世界最大のストーリーを、心を打つ痛烈な写真として記録し、今日もなお人々の心に響いている。

Xooaの技術により、これらのトークン化された作品を、急成長する世界の写真NFTコレクターに提供できることを誇りに思う。

また、NFT発行には、イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションであるPolygonを採用。NFT販売による収益は公平な事実に基づくジャーナリズムに活用されていくとしている。

関連:ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

米メディアのブロックチェーン動向

AP通信がブロックチェーンを採用した動きを見せるのは今回が初めてではない。

2021年3月には、物議を醸した2020年の米国大統領選挙の結果をブロックチェーン上で記録したNFTのオークションを開催。同社はイーサリアムやEOSブロックチェーンを活用して、大統領選および連邦議会選挙の結果などを記録するAPIを政府機関や個別団体に提供していた。

関連:AP通信、2020年米大統領選の関連NFTトークンをOpenSeaでオークション

また、21年10月には分散型オラクルプロジェクトのチェーンリンク(LINK)と提携して、経済やビジネス系のニュースをブロックチェーン上で掲載する取り組みも開始。他の米報道機関のニューヨークタイムズやロイター通信、TIMEマガジンなどもNFTやブロックチェーンを採用した動きを見せている。

関連:米TIMEマガジン、イーサリアム保有へ

関連:New York Timesのコラムを「NFT化」 約6,000万円で落札

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します