MSCIが金融系企業と提携、ブロックチェーン投資家向けツール開発へ

機関投資家向けツールを開発へ

米金融指数大手のMSCI Inc.は18日、金融サービス企業Menai Financial Groupとの提携を発表した。

Menai Financial Groupは、暗号資産(仮想通貨)を含むデジタル資産を取り扱う企業。

今回の提携では、デジタル資産とブロックチェーン技術の成長を利用したいと考える、機関投資家向けのツール開発が行われるとのことだ。

関連:米金融指数大手MSCI、仮想通貨指数を算出へ

MSCI Inc.は米国のニューヨーク市に本拠を置く、NYSEの金融サービス上場企業。ポートフォリオ分析や株価指数の算出(アナリティクス)などさまざまな金融関連ツールを投資家に提供。株価指数では、160,000以上のものを商品化している。

MSCI Inc.のCEO、Henry Fernandez氏は、発表にてデジタル資産は仮想通貨を超えると説明。同分野のアプリケーションが、決済、取引、決済システムといった従来の技術を変革させていると語った。

ロイターは2021年6月、MSCI Inc.が仮想通貨指数の提供を検討していると報じた。今回の提携は、その実現に向けた動きの可能性がある。

なお、提携によって開発されるツールの詳細やリリース時期などは公表されていない。

関連:Visaとコンセンシス、デジタル通貨のインフラで提携

プラットフォーム提供

MSCI Inc.と提携したMenai Financial Groupは、投資管理プラットフォームMenai Asset Managementと、機関投資家および顧客を対象としたマーケットメイキングプラットフォームのMenai Marketsの運営を主要事業としている。

同社の資産運用部門は、ポートフォリオの多様性を維持しながら、デジタル資産のアップサイドへのアクセスを与えることを目的としているという。同社の投資商品には、分散型インデックス・ファンドとアクティブ運用のオポチュニティ・ファンドなどがある。

関連:米コインベースプライム、機関投資家の取引基盤を拡大へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します