「Rakuten NFT」、初のコンテンツはウルトラマンに決定

『ULTRAMAN』のNFT

楽天グループ株式会社は19日、ローンチ予定のNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」における初のコンテンツは、『ULTRAMAN』(ウルトラマン)のCGアセットを使用したNFT(非代替性トークン)に決定したと発表した。

2月25日のサービス開始とともに、同サービスでアニメ『ULTRAMAN』より第1弾となる「ULTRAMAN」「SEVEN」「ACE」の「Rakuten NFT」限定ビジュアルとオリジナルエフェクトを楽しむことができる「高画質エフェクト付きプレミアムデジタルアート」NFT全3種を発売予定とした。

決済には楽天IDを使用でき、「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることが可能。購入したNFTは、同サービス内のマイページにコレクションできる他、マーケットプレイスに出品し、販売することも可能だ。

さらに、サービスがローンチされる2月25日には、オンラインイベント「#Rakuten_NFTはじまる」を開催し、サービス内容を紹介し今後販売予定のNFTコンテンツを発表するとした。

楽天グループがリリース予定の「Rakuten NFT」は、個人間でエンターテインメントなど様々な分野のNFTの売買ができるマーケットプレイスの機能と、IPホルダーがワンストップでNFTの発行や販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームとしての性質を併せ持ったサービス。

同サービスでは、ユーザーはIPホルダーが発行したNFTを売買でき、決済における楽天IDの使用や、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることができる仕様を想定している。

さらに、国内メディアFINDERSが報じた内容によると、以下のような特徴がある。

  • 日本円で決済可能
  • プライベート・ブロックチェーンを使用
  • 「楽天チケット」「楽天コレクション」「Rakuten TV」などの関連サービスの利用特典としてNFTを配布

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

関連:楽天、ローンチ予定のNFTマーケットプレイスの一部詳細を明かす

『ULTRAMAN』、NFTゲーム化も予定

『ULTRAMAN』をめぐっては、エンターテイメントテクノロジー企業NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)が2021年11月にNFT化とグローバル展開を発表。NFTはノーボーダーズが開発したメタバースと連動したNFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」で提供される見込み。

さらに、同社は同年12月、『ULTRAMAN』のNFTゲーム化とメタバースでの展開を発表した。

関連:「ULTRAMAN」、NFTゲーム化を発表

ULTRAMANシリーズは、1966年に公開された円谷プロダクション製作の特撮テレビドラマ「ウルトラマン」のその後を描く漫画作品。2019年からはNetflixで配信されており、国内外で人気を誇っている。2022年春にはシーズン2配信を控えている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します