CoinPostで今最も読まれています

楽天、ローンチ予定のNFTマーケットプレイスの一部詳細を明かす

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

一部詳細が明らかに

楽天は、2022年春にリリース予定のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Rakuten NFT」について、詳細を明かした。メディアFINDERSが楽天の担当者にインタビューした内容として報じている。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

NFTとは、「Non Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

「NFT市場を民主化する」

FINDERSが報じた内容によると、「Rakuten NFT」の特徴について、主に以下の内容が新たに判明した。

  1. 日本円で決済可能
  2. プライベート・ブロックチェーンを使用
  3. 「楽天チケット」「楽天コレクション」「Rakuten TV」などの関連サービスの利用特典としてNFTを配布

1について、楽天は、現在のNFT市場は投機筋やリテラシーの高い層を中心に構成されており、投機的色彩が強く警戒感を呼び起こしていると考えている。

また、一般ユーザーにとっては、ブロックチェーンの複雑な仕組みの理解やメタマスクなどのデジタルウォレットの活用しての暗号資産(仮想通貨)の送金や現金化はハードルが高くなっている現状を指摘。こうした背景から、NFT市場の「民主化」を図るために、楽天IDと紐づいたクレジットカードによる決済や楽天ポイントでの決済も可能にするという。

2については、楽天が開発したプライベート・ブロックチェーンを使用することによりユーザーの要望を反映しやすく、安価で利用できる信頼性が高いマーケットプレイスを提供すると説明した。

そして3について、楽天エコシステムは、70以上の関連サービスや1億人以上の楽天会員で構成されているが、様々なサービスと連動した施策を展開する予定だという。「楽天チケット」「楽天コレクション」「Rakuten TV」などの利用特典としてNFTを配布すること、スポーツ試合の観戦記念として、NFTを配布することなどを構想しているという。

その他にも、スポーツ、アニメ、アイドル、ゲームなどの分野のコンテンツを展開予定であること、コンテンツの販売は楽天による審査制を導入予定であること、グローバル展開も視野に入れていることなどが明かされている。

「Rakuten NFT」とは

楽天は8月に「Rakuten NFT」を2022年春にリリースする予定を発表。

プレスリリースでは、「Rakuten NFT」は、個人間でNFTの売買ができるマーケットプレイスの機能と、IPホルダーがワンストップでNFTの発行や販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームとしての性質を併せ持つと説明されている。

また、決済で楽天IDが使用でき、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることも可能な仕組みになること、楽天が提供する他のサービスにおいて、ユーザーが商品を購入するなどの条件を満たすとNFTを景品として獲得できるなど、様々なサービスと連動したプラットフォームとして機能することなども明かされていた。

関連:「Rakuten NFT」、楽天が2022年にローンチへ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア