楽天、ローンチ予定のNFTマーケットプレイスの一部詳細を明かす

一部詳細が明らかに

楽天は、2022年春にリリース予定のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Rakuten NFT」について、詳細を明かした。メディアFINDERSが楽天の担当者にインタビューした内容として報じている。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

NFTとは、「Non Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

「NFT市場を民主化する」

FINDERSが報じた内容によると、「Rakuten NFT」の特徴について、主に以下の内容が新たに判明した。

  1. 日本円で決済可能
  2. プライベート・ブロックチェーンを使用
  3. 「楽天チケット」「楽天コレクション」「Rakuten TV」などの関連サービスの利用特典としてNFTを配布

1について、楽天は、現在のNFT市場は投機筋やリテラシーの高い層を中心に構成されており、投機的色彩が強く警戒感を呼び起こしていると考えている。

また、一般ユーザーにとっては、ブロックチェーンの複雑な仕組みの理解やメタマスクなどのデジタルウォレットの活用しての暗号資産(仮想通貨)の送金や現金化はハードルが高くなっている現状を指摘。こうした背景から、NFT市場の「民主化」を図るために、楽天IDと紐づいたクレジットカードによる決済や楽天ポイントでの決済も可能にするという。

2については、楽天が開発したプライベート・ブロックチェーンを使用することによりユーザーの要望を反映しやすく、安価で利用できる信頼性が高いマーケットプレイスを提供すると説明した。

そして3について、楽天エコシステムは、70以上の関連サービスや1億人以上の楽天会員で構成されているが、様々なサービスと連動した施策を展開する予定だという。「楽天チケット」「楽天コレクション」「Rakuten TV」などの利用特典としてNFTを配布すること、スポーツ試合の観戦記念として、NFTを配布することなどを構想しているという。

その他にも、スポーツ、アニメ、アイドル、ゲームなどの分野のコンテンツを展開予定であること、コンテンツの販売は楽天による審査制を導入予定であること、グローバル展開も視野に入れていることなどが明かされている。

「Rakuten NFT」とは

楽天は8月に「Rakuten NFT」を2022年春にリリースする予定を発表。

プレスリリースでは、「Rakuten NFT」は、個人間でNFTの売買ができるマーケットプレイスの機能と、IPホルダーがワンストップでNFTの発行や販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームとしての性質を併せ持つと説明されている。

また、決済で楽天IDが使用でき、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることも可能な仕組みになること、楽天が提供する他のサービスにおいて、ユーザーが商品を購入するなどの条件を満たすとNFTを景品として獲得できるなど、様々なサービスと連動したプラットフォームとして機能することなども明かされていた。

関連:「Rakuten NFT」、楽天が2022年にローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します