米SEC、Geminiなど仮想通貨利子付き口座の提供企業を調査か=報道

SEC、未登録証券関連で3社を調査か

米証券取引委員会(SEC)は、暗号資産(仮想通貨)の利子付き口座を提供する企業を調査している可能性がある。ブルームバーグが関係筋の情報として報じた。

報道によると、SECは現在、Celsius Network、Voyager Digital、Gemini Trustについて、本来有価証券としてSECに登録すべき商品を販売していないか調べているという。

対象となっている商品は、プラットフォームの顧客が、仮想通貨を他の投資家に貸し出すことで、一般的な銀行預金よりも高い金利を受け取ることができるものだ。

なお、SECの調査がいつも実際の法的執行に結びつくわけではないという。

Voyagerの広報担当者Mike Legg氏は、規制環境は急速に変化しているため、「デジタル資産関連であろうとなかろうと、金融サービス企業が規制当局と継続的に対話するのは普通のことだ」と述べている。

Celsius NetworkやGeminiも、法的遵守について規制当局と協力していきたいとコメントした。

利子付き仮想通貨口座への対応厳格化

SECなど米国規制当局は、利子付きの仮想通貨口座について最近対応を厳格化している。

SECは21年9月、米大手取引所コインベースが計画していた「Lend」という貸付商品(最大年利4%)についても、立ち上げを抑止していた経緯がある。

同社の弁護士は「Lend」について、SECに「有価証券ではなく、あくまで預金の貸付を行っているだけだ」と説明していた。しかし、SECは「Lendが有価証券に関わると考えている」と回答。そう判断した理由は「ハウイーテストにある」とだけ伝えていたという。

関連仮想通貨貸付は証券法違反か? 米コインベースがSECから法的措置前の事前通知を受ける

ハウイーテストとは

ハウィーテストは、SECのW.J.Howey社に対する訴訟事件に由来し、米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト(判例の1つ)。これ自体には法的拘束力はないが、SECはこのテストをもとに複数のICO(トークン販売)に対してリーガルアクションを起こした経緯がある。(関連記事)

▶️仮想通貨用語集

また、仮想通貨レンディングサービス大手BlockFiも21年、米国の複数の州当局から、仮想通貨を入金することで金利が受け取れるサービスについて問題視されている。

こうした商品は証券法違反であると指摘されている格好だ。その後、SECも調査に乗り出していると伝えられた。

例えばケンタッキー州は、同社が未登録証券を提供していると主張した他、仮想通貨の価格変動の大きさや、通常の銀行預金とは違い、保険がかけられていないことなども消費者へのリスクとして言及している。

関連米SEC、BlockFiの仮想通貨利回り商品を調査か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します