3万ドル後半で揉み合うビットコイン、NFT市場の1月出来高は過去最高を更新

仮想通貨市況

週明け31日の暗号資産(仮想通貨)市場で、ビットコイン価格は、前日比-2.3%の427万円(37,000ドル)。

BTC/USD日足

4万ドル前後のレジスタンスライン(上値抵抗線)では上値を重くしており、市場参加者の判断も揺れている。

デリバティブ(金融派生商品)市場では、ビットコイン永久先物のFundingRate(資金調達率)がマイナス圏で推移するなど、弱気のバイアスを示している。 過去最大級の強気相場が訪れた2021年は、その大半をプラス圏で推移した。

DeepDrive

直近では、永久先物の年間FRは-8.23%に達した。

DeepDrive

そんな中、Matthew Hyland(@MatthewHyland_)氏は、日足RSI(相対力指数)における下落トレンドラインからのブレイクアウトは、その後の強気トレンドに繋がったと指摘。反転シグナルが見受けられるとした。

オンチェーンアナリストのWill Clemente氏は、 暗号資産(仮想通貨)市場のクジラ(大口投資家)の内、1,000BTCを超えるエンティティの保有残高が、数ヶ月間の減少後に上昇へと転じたことを指摘。興味深い指標との見立てを示している。

Will Clemente

NFT市場の月間出来高が過去最高を更新

The Block

NFTプラットフォームの22年1月の月間NFT取引高は、21年12月と比較して129%増となり、21年8月の過去最高記録を更新した。

出来高上昇の背景の一つに、新NFTプラットフォーム「LookRare」の影響がある。

LookRareは最大手NFTプラットフォームOpenSeaの仕組みを模倣した上、OpenSea利用者向けに独自トークン「LOOKS」を大量エアドロップ(無料配布)することで一部流動性を吸い取り、ユーザー獲得を狙う”ヴァンパイア・アタック”で一定の成功を納めた。

さらに、LookRareの利用で「LOOKS」を獲得できるほか、LOOKSステーキングの高いAPR(年換算利回り)が、ウォッシュ・トレード(仮装売買)需要を伴う出来高上昇を喚起したとされる。

関連:新NFT市場LooksRare、トークン分配報酬目的のウォッシュトレードで出来高急増か

NFTデータプラットフォームCryptoSlamの調査によれば、仮装取引の規模は、すでに83億ドル以上に達した。

トークン報酬・ステーキング期待値と合算した収益効率化を図るため、 LooksRareの仮装取引の大半は、二次販売手数料を支払う必要のない”ロイヤリティフリー”のNFTコレクションで行われている。最も大きなシェアはLarva LabsのMeebits(ミービッツ)で、2番目がTerraformsだった。

Meebitsは、最も高い価値で取引される最古級のNFT「CryptoPunks(クリプトパンク)」のクリエイターチーム「Larva Labs」が開発。メタバース(仮想空間)での利用を想定したNFT。Terraformsは、チェーン上の土地をジェネレーティブNFTアートワークとして提示するもの。ジェネレーティブアートとは、アルゴリズム的に生成・合成・構築される芸術作品群だ。

一方、LookRareで嵩増しされた分を除いても、NFT市場の月間出来高は、昨年8月のピーク時を上回る水準にある。

高額NFTコレクションのBoredApe Yacht Club(BAYC)や新シリーズMutant Ape Yacht Club(MAYC)のほか、次世代コレクティブルの「Doodles NFT」やバーチャルコンサートへのチケット権を持つ「PhantaBear」コレクションなどの需要拡大があるとされ、これらが巨大な出来高を牽引している。

31日には、Bored Ape(BAYC) #232が、1,080.69ETH(3.2億円相当)で取引された。

関連:育てて可愛いAIが強化学習?投資初心者にマイメイトがおすすめの理由

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します