ディセントラランド上の都市「メタトーキョー」、運営の法人設立

「メタトーキョー」を推進する法人設立

アソビシステム株式会社など3社は1日、「メタトーキョー(MetaTokyo)」プロジェクトを推進する合弁会社「MetaTokyo株式会社」を設立したことを発表した。

メタトーキョーは、NFTとブロックチェーン技術を活用したメタバース空間「ディセントラランド(MANA)」上に構築された文化都市。公式によると、「グローバルで新たなカルチャー、エンタメの流通を拡張しているNFTとメタバース、そして新たな社会の在り方を実現するWeb 3.0ムーブメントと文化、都市を結びつける世界初のプロジェクト」であり、2021年8月に発足した。

関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

2021年11月にはメタトーキョーでポップアップミュージアムが建設され、NFTアートプロジェクト「Generativemasks」とコラボしコレクション展示を実施した。

関連:メタトーキョー、ディセントラランドで「SPACE by MetaTokyo」をオープン

同年12月には、ストリートスナップ雑誌「FRUiTS」とコラボし、様々な世代の日本カルチャーをメタバース、NFTと組み合わせて発信し、国内外から反響を呼んだ。

事業内容

今回、法人の設立を発表したのは、アソビシステム株式会社・ParadeAll株式会社・Fracton Ventures株式会社の3社。ParadeAll株式会社の代表取締役鈴木貴歩氏が同法人の代表取締役CEOに就任する。またCMVO(=Chief Metaverse Officer:最高メタバース責任者)にはメタバース・VRクリエイターとして活動するMISOSHITA氏が就任することが明かされた。

同法人は以下の5つを事業内容として掲げている。

  1. メタバースの土地、エリア開発
  2. 有名IPとWeb3.0を組み合わせたメタバース・プロジェクトのプロデュース
  3. 大手企業向けメタバース内のイベント、建築、ファッション、アート他NFTのプロデュース
  4. メタバース、NFTクリエイターの育成、支援
  5. メタバース内の土地の投資、レンタル

今後は、メタトーキョーの保有するメタバースの土地で音楽・エンタテインメントのフェスティバルの開催やライブ会場の建築、有名IPとのコラボレーションに関するプロジェクトを計画しているという。

関連:Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

Decentraland上のプロジェクト

メタトーキョーが構築されているDecentralandには、国内外の様々なプロジェクトが立ちあげられている。

ブロックチェーン開発などを行うピクセルカンパニーズ株式会社は2021年12月、Decentralandに複合リゾート施設などを建設する「メタ・リゾートTOKYO(仮称)」の開発プロジェクトを発足することを発表。国際会議場や映画館、ショッピングモール、eスポーツなど様々な施設が建設される予定だ。

関連:メタ・リゾートTOKYO、ディセントラランドに複合リゾート施設を建設へ

また同月、Decentralandは高級ファッションNFT電子市場UNXDと提携し、メタバースのファッションウィークを開催する計画を発表。UNXDは雑誌VogueとWIREDの元編集者たちによって、ポリゴン(MATIC)上で構築されたファッションNFTマーケットプレイス。

さらに、2022年1月には韓国大手サムスン電子の米国部門「Samsung Electronics America」がDecentralandと提携したことを発表。Decentralandからバーチャル土地を入手し、ニューヨークにあるフラグシップストア「837」をDecentralandで再現しオープンした。

関連:Decentralandとは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します