米NBA、オールスターコート2022をNFTアートとして販売へ

NFTアートギャラリーを公開

米国バスケットボール協会(NBA)は5日、オハイオ州クリーブランドにて2月21日に開催される「NBAオールスター2022」試合で使用されるコートをNBAオールスターのNFT(非代替性トークン)アートギャラリーの一部として販売することを発表した。NFTコレクションは、7日より購入可能とされているが、現時点で価格などの詳細は明らかでない。

このアートギャラリーのNFTは、オハイオ州でのNBAオールスターの歴史を試合が行われたコートを通して紹介するもの。

それぞれのコートのNFTには、オリジナルの「NBAエディション」と75周年をテーマにした「ダイヤモンドエディション」があり、市内10ヶ所に存在するNBAオールスターのアート作品の一部として展示される。ダイヤモンドエディションのNFTを購入すると、ミニレプリカ版のコートが付属するという。

また、NFTの販売収益のうち10万ドル(約1100万円)は、約50の非営利団体や政府機関で構成される「COVID復興支援団体」に寄付される。

NFTのデザインには以下のような特徴がある。

  • ベースラインとサイドラインには、NBAの75周年(ダイヤモンドアニバーサリー)を祝福するダイヤモンドの模様がある
  • それぞれの星には、リーグの35・50・75周年を記念するNBAオールスター1981・1997・2022のロゴが施されている
  • コートの木目は、センターコートからキーエリア内、そしてペイント内で少しずつ変化する

NBAやその所属チームは、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン業界に積極的に参入している組織でもある。2021年10月は米大手仮想通貨取引所コインベースと提携を発表。コインベースはNBA傘下の全米女子バスケットボール協会(WNBA)とも提携し、これらのリーグが仮想通貨取引所とパートナーシップを結ぶのは初の事例ということで注目を集めた。

同年12月には、NBAのチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」が仮想通貨取引所FTX傘下のFTX.USとパートナーシップを締結したことが判明。FTX.USが、チーム公式の仮想通貨プラットフォームとなり、NFTマーケットプレイスとしての役割も担う。

さらに2022年1月、米NBA大物プレイヤーのレブロン・ジェームス氏運営の非営利団体が仮想通貨プラットフォームCrypto.comと提携し、Web3.0関連のプログラムを数年間にわたって展開すると発表した。

関連:Crypto.com、NBAレブロン・ジェームス氏の財団と提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します