週末開催の「スーパーボウル」、大手仮想通貨企業が広告枠を購入 米国一大イベントの重要性を解説

仮想通貨CMが多数放映へ

来週13日に控える米国の大型スポーツイベント「スーパーボウル」にて、多数の暗号資産(仮想通貨)取引所が広告枠を購入し、CMを放映予定であることが明らかとなった。

大手メディアのウォール・ストリートジャーナルが報道した。

関係筋によれば、米国の大手仮想通貨取引所であるコインベースやFTXが広告枠を購入した模様。また、21年12月時点では、旧ステープルス・センターの命名権を獲得したCrypto.com(クリプトドットコム)も広告枠を購入したことが報道されていた。

関連:Crypto.com、米スーパーボウルのCM枠を購入

また、仮想通貨取引所以外でも、ビール大手のミラー・ライトが人気メタバース「ディセントラランド」内のバーチャルな「バー」を描写するCMを放映予定。また、スーパーボウル前のプレーオフの試合では、税金申告ソフトウェアTurboTaxが仮想通貨税金の申告に関するCMを放映していた。

関連:Decentraland(ディセントラランド)とは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

さらに、NFL自体もスーパーボウル開催を記念して、入場チケットに連動した「限定NFT」を提供予定であることを発表しており、関連領域の進展も考えられる。

関連:第56回スーパーボウル、NFT記念チケット発行へ

スーパーボウルの重要性

スーパーボウルは、米国の4大プロスポーツの一角であるNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の決定戦だ。コロナ禍での開催となったものの、2021年の第55回スーパーボウルでも総視聴者数は米国のみで9,640万人を記録(NFL Japan統計)する。

史上最高の視聴者数を記録した2015年のスーパーボウル(ペイトリオッツ対シーホークス戦)では、視聴者数は1億1,440万人を記録するなど、極めて高い注目度を誇る。

国民的行事として米国で毎年多くの注目を集めるため、例年同イベント中の広告枠は企業のPR戦略として定評があり、上映させるCMも事前に公開・告知される風潮がある。

関係者によれば、30秒の広告枠につき、およそ700万ドル(約8億円)の費用が発生する統計も出ている。FTXのサム・バンクマン・フリードCEOは、以下のようにメリットを解説した。

企業ブランドを広める有効な手段の一つ。そのような観点では、スーパーボウルよりも知名度が高いイベントを探す方が難しい。

FTXは21年春、NBAチームのマイアミ・ヒートの本拠地命名権を獲得すると、21年後半にはCrypto.comもこれに続く形でロサンゼルス・レイカーズなどの本拠地の命名権を獲得するなど、スポーツ業界との親和性の高さから、進出を強めている。

他にも、先日引退を発表したNFL界の大スターであるトム・ブレイディ氏や日本人MLBプレイヤーの大谷翔平選手など、多数のアスリートとアンバサダー契約を締結している。

関連:米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

コンサル企業IEGの専門家によれば、2021年の仮想通貨企業によるプロスポーツ業界でのスポンサー費用は北米だけで1.6億ドル(180億円)を超えたと分析。仮想通貨に関する認知度を向上して、人々を教育する手段としてスポーツ広告に着眼したと捉えている。

スーパーボウルを意識した動きも

一方、大手仮想通貨取引所バイナンスは今月3日、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)のジミー・バトラー選手を起用した独自のキャンペーンを展開。仮想通貨広告に出演する著名人の言動を鵜呑みにするのではなく、視聴者自身が十分に調査するべきだと呼びかけた。

同ツイートではスーパーボウルの具体名は挙げなかったものの、開催日の2月13日が記されており、これを念頭にしたものと考えられる。バイナンスのチャンポン・ジャオCEOも仮想通貨業界が同イベントに多数のCMを掲載するのはいい事だと述べつつ、ユーザーがリスクを正しく理解する必要性も訴えた。

関連:「著名人の仮想通貨発信に要注意」バイナンスのキャンペーン

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します