CoinPostで今最も読まれています

週末開催の「スーパーボウル」、大手仮想通貨企業が広告枠を購入 米国一大イベントの重要性を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨CMが多数放映へ

来週13日に控える米国の大型スポーツイベント「スーパーボウル」にて、多数の暗号資産(仮想通貨)取引所が広告枠を購入し、CMを放映予定であることが明らかとなった。

大手メディアのウォール・ストリートジャーナルが報道した。

関係筋によれば、米国の大手仮想通貨取引所であるコインベースやFTXが広告枠を購入した模様。また、21年12月時点では、旧ステープルス・センターの命名権を獲得したCrypto.com(クリプトドットコム)も広告枠を購入したことが報道されていた。

関連:Crypto.com、米スーパーボウルのCM枠を購入

また、仮想通貨取引所以外でも、ビール大手のミラー・ライトが人気メタバース「ディセントラランド」内のバーチャルな「バー」を描写するCMを放映予定。また、スーパーボウル前のプレーオフの試合では、税金申告ソフトウェアTurboTaxが仮想通貨税金の申告に関するCMを放映していた。

関連:Decentraland(ディセントラランド)とは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

さらに、NFL自体もスーパーボウル開催を記念して、入場チケットに連動した「限定NFT」を提供予定であることを発表しており、関連領域の進展も考えられる。

関連:第56回スーパーボウル、NFT記念チケット発行へ

スーパーボウルの重要性

スーパーボウルは、米国の4大プロスポーツの一角であるNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の決定戦だ。コロナ禍での開催となったものの、2021年の第55回スーパーボウルでも総視聴者数は米国のみで9,640万人を記録(NFL Japan統計)する。

史上最高の視聴者数を記録した2015年のスーパーボウル(ペイトリオッツ対シーホークス戦)では、視聴者数は1億1,440万人を記録するなど、極めて高い注目度を誇る。

国民的行事として米国で毎年多くの注目を集めるため、例年同イベント中の広告枠は企業のPR戦略として定評があり、上映させるCMも事前に公開・告知される風潮がある。

関係者によれば、30秒の広告枠につき、およそ700万ドル(約8億円)の費用が発生する統計も出ている。FTXのサム・バンクマン・フリードCEOは、以下のようにメリットを解説した。

企業ブランドを広める有効な手段の一つ。そのような観点では、スーパーボウルよりも知名度が高いイベントを探す方が難しい。

FTXは21年春、NBAチームのマイアミ・ヒートの本拠地命名権を獲得すると、21年後半にはCrypto.comもこれに続く形でロサンゼルス・レイカーズなどの本拠地の命名権を獲得するなど、スポーツ業界との親和性の高さから、進出を強めている。

他にも、先日引退を発表したNFL界の大スターであるトム・ブレイディ氏や日本人MLBプレイヤーの大谷翔平選手など、多数のアスリートとアンバサダー契約を締結している。

関連:米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

コンサル企業IEGの専門家によれば、2021年の仮想通貨企業によるプロスポーツ業界でのスポンサー費用は北米だけで1.6億ドル(180億円)を超えたと分析。仮想通貨に関する認知度を向上して、人々を教育する手段としてスポーツ広告に着眼したと捉えている。

スーパーボウルを意識した動きも

一方、大手仮想通貨取引所バイナンスは今月3日、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)のジミー・バトラー選手を起用した独自のキャンペーンを展開。仮想通貨広告に出演する著名人の言動を鵜呑みにするのではなく、視聴者自身が十分に調査するべきだと呼びかけた。

同ツイートではスーパーボウルの具体名は挙げなかったものの、開催日の2月13日が記されており、これを念頭にしたものと考えられる。バイナンスのチャンポン・ジャオCEOも仮想通貨業界が同イベントに多数のCMを掲載するのはいい事だと述べつつ、ユーザーがリスクを正しく理解する必要性も訴えた。

関連:「著名人の仮想通貨発信に要注意」バイナンスのキャンペーン

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。
13:35
BTC履歴を捜査活用、大規模詐欺サイト解体
英ロンドン警視庁は「英国史上最大の詐欺作戦」により、なりすまし詐欺サイト「iSpoof 」の解体に成功したと発表した。欧州刑事警察機構をはじめ、10カ国の法執行機関と連携し142人が逮捕された。
13:02
ConsenSys、批判集まるメタマスクのユーザーデータ取得目的を説明
米大手ブロックチェーン開発企業ConsenSysが、同社のプライバシーポリシーについて補足。MetaMask+Infuraのユーザーデータ取得は、規制当局の問い合わせへの対応を目的としたものではないと述べた。
12:49
BTC小幅反落、10000BTCの不審なアクティビティに関心
暗号資産(仮想通貨)市場は米株式市場休場の影響もあり方向感定まらず反落傾向。Mt.Goxハッキング事件に関連する可能性のある休眠状態のウォレット送金では、計10000BTCの不審なアクティビティが検出された。
11:40
DBS、JPモルガンのOnyxネットワークに参加
東南アジア・シンガポール最大手の銀行DBSは、JPモルガンのOnyx Digital Assetsネットワークに参加。ブロックチェーン上でレポ取引を実行したと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧