「著名人の仮想通貨発信に要注意」バイナンスのキャンペーン

NFT・仮想通貨に関する注意喚起

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは3日、米プロバスケットボールリーグ「NBA」の著名選手、ジミー・バトラー氏を起用したメッセージ動画を公開した。

動画でバトラー氏は、仮想通貨の利用や投資をする際は、著名人をそのまま信用するのではなく、自分でリサーチを行う必要があると呼びかけた。具体的な著名人やイベント名などには言及していないが、「2月13日」という日付に触れていることから、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の優勝決定戦「スーパーボウル」を意識した発言と見られている。

スーパーボウルは、毎年2月上旬に開催されるNFLの王座決定戦で、米国における国民的行事の1つ。観戦視聴率も非常に高い。この試合が行われるのが現地時間の2月13日で、仮想通貨企業のFTXとCrypto.comのCMが流れる予定だ。

関連Crypto.com、米スーパーボウルのCM枠を購入=報道

また、スーパーボウルのハーフタイムショーには、人気NFT(非代替性トークン)コレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入したエミネムことマーシャル・マザーズ氏が登場予定。他にもNFTを熱心に収集していることでも知られるスヌープ・ドッグ氏といった著名人が登場する計画が明かされている。

関連エミネムら、米スーパーボウルでNFTコレクション「BAYC」利用の可能性は?

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。スポーツやゲーム、アートなど幅広い領域で技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

バイナンスも著名人を起用

バトラー氏は今回、以下のようなメッセージを伝えた。

 

2月13日に、著名人から仮想通貨を勧められるだろう。でも、仮想通貨を勧める著名人は、あなたの経済状況を知らない。

 

バイナンスと私は、あなた自身で仮想通貨のリサーチを行うことを望んでおり、自分を信じるようにして欲しい。

もちろん今回の動画は、「2月13日」だけに関する注意喚起ではない。バイナンスの担当者は、仮想通貨メディア『Blockworks』に対し、以下のように説明したという。

 

我々は、バトラー氏や他の著名人と共に、自由な金融システムの重要性を伝えていく。起用する著名人は誠実で独立性の高い人物である。

 

来週にはキャンペーンの内容を発表する予定だ。

バイナンスのキャンペーンはスーパーボウルよりも前に発表される予定。バトラー氏は、13日の試合の前でも注意が必要であるとも呼びかけた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します