ビットコイン揺り戻しも500万円台で推移、機関投資家のフローは3週連続の流入超過へ

仮想通貨市況

9日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は、前日比-1.4%の500万円(43,390ドル)と小幅反落。

BTC/USD日足

46,000ドル付近ではレジスタンスライン(上値抵抗線)で上値を重くした。3日の始値37,324ドルから5日間で45,519ドルまで反騰していたこともあり、多少の調整も止む無しだろう。

年初より金融市場の不確実性が取り沙汰されるなか、相関係数を高める米株式市場などの動向次第にはなるが、相場の揺り戻しで42,000ドル、あるいは39,000ドル付近の水平線を割り込まずロールリバーサルが発生するようであれば、中・長期で強気トレンドへの転換も視野に入るか。

関連:米株指数下落でビットコイン連れ安、相関係数は過去最高水準に

資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、暗号資産(仮想通貨)投資信託などのデジタル資産に対する機関投資家の資金フローは、3週連続の流入超過となった。

CoinShares

1月24日を境に、機関投資家の関心が再び集まっている。3週間の流入額は1億800万ドルに及び、21年12月初旬以来最大となった。またエリア別の分析では、ヨーロッパからも流入(1000万ドル)が見られるものの、ブラジルやカナダを含む南北アメリカ(7500万ドル)からの流入が増加傾向にあるとした。

通貨別では、イーサリアム(ETH)が流出超過となるなど低調にある一方、ソラナ(SOL)ポルカドット(DOT)カルダノ(ADA)といった銘柄に幅広く流入が見られた。

アルトコイン市場の動向

直近では、ビットコイン(BTC)反発に伴い、アルト市場で買い戻し機運が高まりつつある。

国内にも上場する主要銘柄ではXRP(リップル)が高騰。カルダノ(ADA)とソラナ(SOL)を上回り、CMC時価総額ランキング6位に浮上した。

オンチェーン分析会社のSantimentはネットワークアクティビティについて、デイリーアクティブアドレス(DAA:Daily Active Addresses)がここ数ヶ月で増加傾向にある点を指摘。

Messariのデータによると、米SEC(証券取引委員会)から提訴されたことで2021年に軟調なXRP価格と反比例するようにアクティブアドレス数が上昇。22年1月には、過去最高の243,800に達した。2017年末のアルトバブル(赤丸)にもあるように、オンチェーンデータのトラッキングは、価格変動の先行指標になるとの見立てもある。

XRP_Active Addresses(Messari)

XRPを開発する米Ripple社は20年12月、有価証券問題を巡り米SEC(証券取引委員会)に提訴され係争状態にある。7日には、裁判所が法定覚書への対応許可を与えたことがわかった。

関連:育てて可愛いAIが強化学習?投資初心者にマイメイトがおすすめの理由

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します