CoinPostで今最も読まれています

最大手取引所FTX傘下に入る「Liquid」 主な特徴と将来性を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SOL・FTTが国内初上場

暗号資産取引所Liquid(リキッド)を運営するQUOINE株式会社(以下、Quoine)は15日、Solana(SOL)・FTXトークン(FTT)の取扱い開始を発表しました。国内初の取扱いです。

Quoineの親会社Liquid Group Inc.(以下、Liquid)は先日、世界最大手の暗号資産デリバティブ(金融派生商品)取引所FTX.COMの運営企業であるFTX Trading Limited(以下、FTX)による買収契約締結を発表しました。今年3月を目処に、FTXの傘下にLiquidグループが入ることになります。

日本に居住している既存のFTX.COMユーザーは、3月30日をもってQuoineを経由して提供される「FTX Japan」に移管されると同社も発表しました。 Quoineは、「最高の取引プラットフォームの1つと、革新的で規制された新しい製品を日本に導入できることに期待しています」と述べています。

日本市場の将来性

先進的なサービスの数々が好評を博すFTXは、ソラナ(SOL)を基盤としたDEX(分散型取引所)やNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスをローンチするなど、Solanaチェーンを活用したサービス開発でも知られています。

FTXのSamuel Bankman Fried(サム・バンクマン・フリード)CEOは、Solanaを選択した理由について「一つの基準として、秒間100万回もの大規模な取引を実現するロードマップがあることが重要だ。それを実現し得るのは、当時Solanaしか存在しなかった」と語っていました。

このような背景があり、LiquidにSOLとFTTの上場が実現しました。

FTXは、世界的にみても特に豊富な金融商品を取り揃え、株式をトークン化した「株式トークン」の提供など画期的なサービスの取り扱いに定評があります。

同取引所を率いるサムCEOは、「SBF」の愛称で知られ、自他ともに認めるトレーディング能力を活かしたその経営手腕が高く評価されています。

FTXの親会社である暗号資産投資企業Alameda Research(アラメダ・リサーチ)は、数々の有望な暗号資産・ブロックチェーン企業やプロジェクトに出資しており、世界の暗号資産投資家の意思決定に与える影響力は無視できません。

米国プロスポーツ団体やeSports業界との提携のほか、Solanaプロジェクトにも早期に出資するなど先見の明に定評があり、今回のLiquidグループを傘下に収めたことによる、さまざまなシナジーが期待されます。

Liquidの特徴

Quoine社は、当時シンガポールを拠点とするLiquidグループの日本支社として2014年に設立され、同年にLiquidの前身である暗号資産取引所サービス「Quoinex(コインエクスチェンジ)」を設立しました。Liquidは、前身のQuoinexの時代も含め長きにわたり暗号資産業を営む、業界でも歴史ある暗号資産取引所の一つと言えます。

Liquidグループは、日本、シンガポール及びベトナムに拠点を置くグローバルな暗号資産交換業者。それぞれの国で展開する取引所サービスの流動性を集約し、高水準の流動性を実現しており、2019年の全体の年間取引量は600億ドル(約700億円)を超えます。

豊富な通貨ペアを提供する「クイック販売所」

クイック販売所は、日本円での暗号資産取引の他、直接暗号資産同士を取引することが可能です。

現在保有する銘柄を一度売却し日本円に換金してから他の暗号資産を購入しようとすれば、その分取引手数料がかさんでしまいます。しかし、暗号資産同士の取引では、日本円を介さないため手数料の削減が見込まれます。

また、提供する通貨ペアは「110種類」と国内最多です。

レバレッジ取引

Liquidでは、暗号資産同士の取引も含めた現物取引のほか、国内取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引も提供しており、下落トレンドでショートポジションを取ることも可能。中・上級トレーダーの需要を十分に満たしています。

レバレッジ取引では、「BTC/JPY」、「ETH/JPY」、「XRP/JPY」の3種類の通貨ペアがあり、今後は先日上場したライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の3銘柄にも対応予定とされています。

取扱い銘柄一覧

Liquidでは、以下の10銘柄を取扱っています。

SOL・FTTについて

国内取引所として初めてLiquidが取扱い開始した、SOL及びFTTの特徴をそれぞれ解説します。

SOLの魅力

SOLは、レイヤー1のブロックチェーン「Solana」上で発行されるネイティブトークン。

Solanaは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を発展させた独自のコンセンサスアルゴリズムPoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)の採用により、秒間約5万ものトランザクション処理を可能にした高速スマートコントラクトプラットフォームです。

PoHは、PoSをベースとしているためSOLをステーキングして報酬を受け取ることもできます。ガス代(ネットワーク手数料)が非常に安いのも特徴の一つ。

近年では、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)市場で取引数が大幅増加したことにより、スマートコントラクトプラットフォームとして最も利用されるイーサリアムチェーンのエコシステム(生態系)は、スケーラビリティ(拡張性)問題やガス代(ネットワーク手数料)の高騰といった課題に直面しています。

その点において、Solanaは、イーサリアムが抱える問題を解決し得るレイヤー1プロジェクト「イーサリアムキラー」の一つとしても注目を浴びるようになりました。

Coinmarketcap(CMC)によれば、2022年2月時点でSOLの推定時価総額は約350億ドル(約4兆円)。2020年まで1ドル付近を推移していたSOL価格は、2021年の強気相場で高騰。22年11月には過去最高値の250ドル(約29,000円)に達しています。

出典:CoinGecko

その規格外の処理速度やガス代の安さといった利便性を享受するために様々なプロジェクトがSolanaブロックチェーンを採用しており、広範な経済圏(エコシステム)が形成されています。

  • デジタルウォレット

2021年7月にローンチされたNFT画像の表示機能などが搭載されたSolana基盤のウォレット「Phantom」は、すでに200万以上の月間アクティブユーザーが存在するなど普及しています。

  • DEX

中央管理者を置かず、スマートコントラクトで自動運用される取引所であるDEXもSolana上に展開されています。FTXが開発を主導したクロスチェーン取引の実現を目指すデリバティブ向けのDEX「Serum」や、Serumと連携する「Raydium」が代表的です。

また、Solanaを基盤としたDeFiプロジェクト全体のTVL(トータル・ロック・バリュー:DeFiプロトコルに預け入れられている暗号資産の総量)は35億ドル(約4000億円)に及びます。

出典:DappRader

  • NFTマーケットプレイス

DeFiだけでなく2021年より市場が急拡大したNFTを売買できるマーケットプレイスも次々に誕生しています。それぞれ6億ドル前後の取引高を誇る「Solanart」、「Magic Eden」が牽引する形で様々なサービスが追随しています。

出典:DappRader

例えば、2022年1月にメインネットがローンチされたばかりの「Burnt Finance」は、ガス代無料でNFTのミント(発行)・取引ができるNFTプラットフォーム。NFTのレンディングサービス、ステーキングによる流動性マイニング、ブロックチェーンゲームを含むDeFi機能を統合する他、同プラットフォームでNFTをミントすることで現実世界の株式、コモディティなどの金融商品の合成資産として取引できる「bAsset」トークンを発行できるのが特徴です。

同プロジェクトは、Alameda Researchやブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の開発で知られるAnimoca Brandsを始めとした約20の企業から将来性を買われ、ローンチ当日までに10億円以上を調達。

また、Solana財団が立ちあげたNFT関連プロジェクト「Degenerate Ape Academy」は、NFTシリーズの販売開始から十分足らずで1万点が完売するほど人気を博しました。

出典:Degenerate Ape Academy

  • NFTゲーム

「Axie Infinity」を筆頭に、2021年からのトレンドとなっているNFTを活用したブロックチェーンゲームもエコシステム拡大の一翼を担っています。その中でもローンチ以前から発展が期待され、豊富な資金を集めるプロジェクトの一つが「Star Atlas」です。

同タイトルは600年後の宇宙空間を舞台としたブロックチェーンSF戦略ゲーム。プレイすることでNFTやATLAS・POLISという2種類のトークンを獲得できます。FTXとの結びつきも強く、FTXは2021年8月にStar Atlasのトークンセールを主催、その直後にATLASおよびPOLISをFTX.COMに上場させました。

上記で紹介したSolana関連の各種プロダクトは、以下の企業を含む数十の投資企業や著名投資家から、数億~100億円以上の出資を受けています。

  • Alameda Reserch
  • a16z(Andreessen Horowitz)
  • Animoca Brands
  • Paradigm
  • Multicoin
  • Polychain Capital
  • Commonwealth

Solana上に構築されているDeFiサービスやNFT関連プロダクトを利用する際には、ガス代としてSOLを支払う必要があります。Solana経済圏の成長による取引需要の拡大や、著名企業による出資が投資家に材料視されたことなどが価格上昇の背景にあると言えそうです。

FTTの魅力

FTTは、FTXの「取引所トークン」であり、イーサリアムのトークン規格である「ERC-20」として発行されています。

取引所トークンとは、それぞれの暗号資産取引所が独自に開発・発行するトークンを指します。取引所トークンを保有するユーザーには、取引手数料の割引のほか、上場銘柄を選ぶ際の投票権(意思決定権)など、それぞれの取引所が設けている特典が付与されます。

Coinmarketcap(CMC)によれば、FTTの時価総額は60億ドル(約7000億円)で27位。SOL同様に2021年の強気相場で大きく値上がりし、同年9月には過去最高値を更新しました。

出典:CoinGecko

一定期間でバーン(焼却)される仕組みが採用されているため、市場での流通量が減少し価値が高まっていく可能性があります。また、FTX.COMでFTTを保有すると、保有量に応じて最大60%の取引手数料の割引が受けられるインセンティブもあります。なお、FTX JapanのアカウントでFTTを保有する人に対しても、取引手数料の割引サービスの提供を検討中とのことです。

また、FTX.COMではFTTのステーキングサービスも提供されており、サービス利用者はFTTによる報酬や各種手数料の割引、ガバナンスの投票権、IEO(イニシャル・コイン・オファリング)の参加権など、ステークした量に応じた特典が得られます。

前述のStar Atlas(ATLAS)を含めた有望プロジェクトを複数上場させているFTXのIEOやプロジェクトがDEXを通じてトークンを販売して資金調達する手法であるIDO(イニシャルデックスオファリング)への参加権としても機能するFTTは、投資家から高い需要を生んでいます。

開催中のキャンペーン:3/2更新

最後に、Liquidで開催されるキャンペーンを紹介します。

最大10万円プレゼント SOL&FTTトレードバトルキャンペーンから最大10万円プレゼント!SOL&FTTトレードキャンペーン

『クイック販売所』『現物取引』において、ソラナ(SOL)FTXトークン(FTT)を5万円以上お取引いただいた利用者の中から、抽選で100名様に最大10万円をプレゼント。(『クイック販売所』で50名様の抽選、『現物取引』で50名様の抽選)

キャンペーン開催期間:2月15日(火)17:00~3月14日(月)23:59

条件:抽選で100名様(『クイック販売所』50名、『現物取引』で50名)に最大10万円をプレゼントいたします。『クイック販売所』『現物取引』の両方に応募することで、2回抽選を受けることが可能ですが、両方に当選することはなく、最大当選金額は10万円となります。

報酬:

報酬付与予定日:

プレゼントの付与は2022年4月中旬を予定しております。

※状況により前後する場合がございます。

同キャンペーンの詳細はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧