大手DEXのUniswap、ウクライナへの募金活動を支援

募金のためのトークン交換を容易に

大手DEX(分散型取引所)Uniswapは1日、ウクライナ政府への募金活動を支援し、ERC-20規格のトークン交換を容易にするツールを公開した。

背景には、26日にウクライナ政府がロシア軍による侵攻を受ける中、仮想通貨寄付を呼びかけていたことがある。ウクライナ政府は当時、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ERC-20規格のテザー(USDT)のアドレスを公開したが、より多様なERC-20規格のトークンによる寄付は直接受け付けていない。

Uniswapはそれを受け、「ERC-20規格のトークンで寄付したいユーザーのために、トークンをETHと交換できるインターフェースを立ち上げた」と発表した。

上述の3銘柄のほか、ウクライナ政府は1日にポルカドット(DOT)による募金にも対応開始。ポルカドットの創設者であるGavin Wood氏が6.6億円相当のDOTを寄付している。

また、同政府は2日にソラナ財団やソラナラボなどの協力のもと、ソラナ(SOL)への対応を始めた。これからより多くの銘柄にも対応していくとした。

関連ウクライナ政府、仮想通貨寄付募集を開始 総額は10億円超

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します