ウクライナ政府、仮想通貨の寄付に対しエアドロップ実施へ

仮想通貨の寄付にエアドロップ

ロシアの軍事侵攻に対し抗戦を続けるウクライナ政府は2日、暗号資産(仮想通貨)で寄付をしてくれた人々へ、エアドロップを行うことを発表した。

トークンもしくはNFT(非代替性トークン)の無料配布を行うと見られるが、対象者の細かい基準や配布されるものなど詳細はまだ発表されていない。寄付してくれたことの証拠を残す「スナップショット(権利確定日時)」は現地時間の3日午後6時であることだけを発表。詳細については、同国のMykhailo Fedorov副首相兼デジタル変革大臣が知らせるとした。

関連ルーブル建てのビットコイン取引量急増、制裁逃れに仮想通貨が利用されるリスクは

当初は仮想通貨など銀行送金以外の寄付は受け付けられないとしていたウクライナ政府は27日、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)テザー(USDT)の受付を開始。その後はポルカドット(DOT)を追加したり、ソラナ財団らの協力によってソラナ(SOL)にも対応。そして今日からはドージコイン(DOGE)でもウクライナの支援ができるようになった。

関連ポルカドット創設者ギャビン・ウッド氏、6億円相当をウクライナ政府へ寄付

寄付金について

ブロックチェーン分析企業Ellipticによれば、ウクライナ政府やNGOを支援するために、仮想通貨やNFTといったデジタル資産によって集まった寄付金は、2日時点で合計4,200万ドル相当(約48.5億円)に達した。

以下は仮想通貨関連の寄付金の推移を表したグラフ。寄付で受け付ける銘柄の追加や今回のエアドロップ発表などを受け、現在も高い水準を維持している。

出典:Elliptic

Ellipticが公開しているデジタル資産の寄付金の内訳は以下。

出典:Elliptic

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ウクライナへの寄付では、CryptoPunkのNFTが送られていることも確認されている。

▶️仮想通貨用語集

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

その後エアドロップは中止

追記(3月4日):ウクライナ政府がエアドロップを中止、不審なトークンがこれに便乗した動きを見せているため、最新情報を追記しました。

Fedorovデジタル変革大臣は3日、「慎重に検討した結果、エアドロップをキャンセルする」と発表。独自の仮想通貨などのようなファンジブルトークンではなく、ウクライナ軍支援を目的としたNFTを近々発表する方針を明らかにした。

ウクライナ政府が仮想通貨での寄付を募ったほか、トークンのエアドロップ示唆は大きく注目を集めたため、これに便乗した別団体の発行する不審なトークンのエアドロップも行われており、注意する必要がある。

関連:ウクライナ政府がエアドロップを中止、偽物トークンに要注意

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します