仮想通貨取引所バイナンス、F1チーム「BWTアルピーヌ」とスポンサー契約

ファントークンを発行

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは、F1(フォーミュラ1)チーム「BWTアルピーヌF1チーム」との提携を発表。オフィシャル・ファントークン・パートナーに就任したことを告知した。

「アルピーヌF1チーム」は、2021年に旧ルノーF1チームが改名する形で誕生。2月に、オーストリアの水処理企業BWTとタイトルスポンサー契約を結び「BWTアルピーヌF1チーム」となった。

ドライバーは、2度の世界王者フェルナンド・アロンソ選手とエステバン・オコン選手が務める。

今回の提携は2月15日に発表されており、バイナンスは、チームのファントークン(ALPINE)を発行。

トークン規格はBNBチェーンのBEP-20を採用しており、すでにALPINEトークンの取引は開始している

ファントークンとは

各チームから提供されるトークン。ファン向け機能の使用権利や投票への参加権利を保有者に対して付与するために発行される代替可能なデジタル資産を指す。

▶️仮想通貨用語集

NFTも展開

バイナンスでは、「BWTアルピーヌF1チーム」に関連するNFT(非代替性トークン)の実施。

NFTは、同取引所が販売する「ミステリーボックス」に含まれており、ノーマルからスーパースーパーレア (SSR) まで4種類のレア度が設定されていた。現在は、獲得したNFTをバーンすることで、ALPINEをファンパワーに応じて報酬プールから得られるプログラムが実施されていた。

なお、バイナンスは、アルピーヌのeスポーツ部門のオフィシャル・ファントークン・パートナーにも就任。現時点では、eスポーツに関連する動きの詳細は発表されていない。

仮想通貨企業の進出

F1は21年頃から仮想通貨分野との繋がりを深めている。

5月には、レッドブル(現オラクル・レッドブル・レーシング)がテゾスブロックチェーンとの提携を発表した。また、同チームは22年2月、仮想通貨取引所Bybitとのスポンサー契約を発表。レッドブルは、契約について「仮想通貨企業のスポーツチームへのスポンサーとしても最多の契約額」と説明している。

関連:F1チーム「レッドブルレーシングホンダ」テゾスブロックチェーンと提携

関連:オラクル・レッドブル・レーシング、仮想通貨取引所ByBitとスポンサー提携

強豪「メルセデスAMGペトロナス」は、21年9月に取引所FTXとパートナーシップを締結した。

関連:フェラーリがNFT発行に関心、ブロックチェーン企業と複数年契約へ

フェラーリのF1部門、スクーデリア・フェラーリは12月、スイスのブロックチェーン・NFT企業Velas Networkとスポンサー契約を結んでいる。フェラーリと同社の契約には、NFT発行を行う権利も、契約内容に含まれる。

F1自体も、仮想通貨関連企業との契約を行っている。取引所Crypto.comは21年6月、F1のグローバルパートナーに就任し、「スプリント予選レース」における初代パートナーとなった。なお、同取引所は今年22年、初開催のマイアミGPのタイトルパートナーに就任する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します