米大手ドラッグストアチェーン「CVS」、NFT関連の商標登録を申請

NFTの商標登録

米大手ドラッグストアチェーンのCVSヘルス社が、NFT(非代替性トークン)関連の商標登録を提出していたことがわかった。提出日は2月28日。

CVSヘルス社は米国の薬局チェーン大手CVSなどを手掛ける大手企業。米国企業番付「フォーチュン500」では全米4位にランクインする規模を誇る。

申請では、以下のような説明を記載しており、NFTやメタバース(仮想空間)展開を示唆する内容となっている。

  • オンライン上またはオンラインの仮想世界で利用可能
  • ダウンロード可能なバーチャル商品
  • 処方薬や健康・美容・パーソナルケア製品などの一般商品をNFT化
  • ブロックチェーン技術やスマートコントラクトを利用
  • ダウンロード可能なクリプト・コレクタブルやNFTも提供
  • 画像ファイルの真正性を証明するNFT
  • バーチャルではない消費者向け商品を販売するオンライン上のバーチャル店舗の提供

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。例えば、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

CVS社は、商標登録を利用する意図があることを示す「1B」申請を提出しており、直ちに利用する計画がなくても長期的な利用を見据えて提出できる書類となっている。

NFT関連の商標登録について、CVSの担当者はCoinPost提携メディアThe Blockに対して以下のようにコメントした。

健康ソリューションの筆頭企業として、我々は家庭だけではなく、バーチャルやコミュニティなど、消費者が望む時、望む場所で、消費者のニーズに応えられるように、オムニチャネルなヘルスサービスを一貫して強化している。

また、デジタルファーストなアプローチで、消費者を魅了する新しく革新的な方法を常に模索しているため、バーチャルなヘルスケアサービスやその他のバーチャルグッズ・サービスに関する商標を申請した。

関連:NFT取引に必要な税金知識と計算例を詳しく解説|Aerial Partners寄稿

メタバース・NFT動向

米国では大手企業が長期的なメタバース構想を見据えて、Web3.0関連の商標登録を申請する事例は少なくない。

米ファストフード大手のマクドナルドも2月上旬、オンライン上と実際の商品の双方を提供する「バーチャル・レストラン」などに関する商標登録を提出。決済ソリューションなどもつなげる形でメタバース内で注文した商品が実際に届くサービスなどを示唆した。

関連: マクドナルド、メタバース関連の商標登録を申請

中国でもメタバースはバズワード化しており、テンセントなど多数の大手企業がメタバース関連の商標登録を相次いで提出していた。その一方で、メタバースの流行に便乗した詐欺プロジェクトも多数あらわれていることを危惧して、当局はメタバース関連の詐欺に注意喚起を発令。

独自トークンなど、暗号資産(仮想通貨)を利用したプロジェクトは禁止する一方で、仮想通貨を利用しないプロジェクトに関しては事実上容認している状況があるという。

関連: 中国政府、メタバース関連の詐欺に注意喚起

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します