ビットフライヤーを含む仮想通貨交換業登録業者が業務改善命令へ

仮想通貨交換業登録業者業務改善命令へ
日経新聞社は19日、金融庁が今週にもビットフライヤーなど仮想通貨交換業登録業者に対して、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備がある事から業務改善命令を出す方針を固めたと報じました

ビットフライヤーを含む仮想通貨交換業登録業者が業務改善命令

日経新聞は、金融庁が仮想通貨交換業者であるビットフライヤーやQUOINEなど5社以上に対し、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備がある事から業務改善命令を週内に出す方針を固めたと報じました。

今回処分対象として名前が挙がっているのは

・bitFlyer

・QUOINE

・ビットバンク

・ビットポイントジャパン

・BTCボックス

などの登録業者。

預かり資産が急拡大している事を背景に、金融庁は厳しい態度で臨む方針のようです。

(追記)また、既に3月にシステム管理体制の不備を理由に業務改善命令が出されているテックビューロや、GMOコインに対しても2度目の処分を視野に入れていると報じられております。

(追記)今回の業務改善命令の理由

日経新聞が報じたところによると、金融庁が登録業者に行なっている検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備があると判断し、今回の業務改善命令に至ったとの事。

検査の中で、仮想通貨取引量が急拡大にした事に伴い登録業者の従業員が足りていない状況が判明した他、マネーロンダリングなどの疑わしい取引の確認がずさんであり、内部管理体制の問題が相次いで見つかったようです。

(追記)2月から行なっている立ち入り検査の総括か

出典:金融庁

金融庁はコインチェック事件を受けて2月1日に、システムリスクに関する報告命令を登録業者に行なっていた他、2月13日からは登録業者に対して順次立ち入り検査を行なっておりました。

GW前には、立ち入り検査結果の総括がされるという報道がされていた為、今回がその総括にあたるのかもしれません。

金融庁:今夏に仮想通貨交換業者の審査を厳格化か|立入検査結果をGW明けに総括する可能性も
金融庁が仮想通貨交換業者の登録審査基準を厳格化すると日経新聞が報じています。一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコイン、特に不穏な動きが目立つZaifへの対応が発表されるのかが焦点になるでしょう。

CoinPostの関連記事

金融庁:6月中に複数の仮想通貨交換業者に業務改善命令を出すことを検討か
1日、読売新聞は、金融庁が複数の交換業者に対して、マネロン対策不足の観点から、業務改善命令を6月中に行う方向で検討し始めた、と報じました。
金融庁がコインチェックに業務改善命令/1月29日の発表内容まとめ
1月29日14時に金融庁が発表した内容をまとめました。金融庁はコインチェックに対して「業務改善命令」を出しました。可能性として噂されていた「業務停止命令」は回避された模様です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加