NFT電子市場「Adam byGMO」、ウクライナ支援のNFTを販売

NFTで緊急人道支援

GMOインターネットグループは14日、GMOアダムが運営するNFT(非代替性トークン)電子市場「Adam byGMO」で、ウクライナや周辺地域を対象にした緊急人道支援のためのNFTを販売することを発表した。

「緊急人道支援チャリティNFT」という名称で14日15時から販売を開始。収益の全額をウクライナおよび周辺地域における人道支援活動をサポートする、日本赤十字社の「ウクライナ人道危機救援金」に寄付するという。

関連GMO提供のNFTマーケットプレイス|特徴や使い方を解説

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。アートやゲーム、音楽、各種証明書など幅広い領域で技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

NFT販売の背景には、ロシアの軍事侵攻によって深刻化する人道危機がある。今回販売されるのは、平和の象徴であるハトをモチーフにしたアニメーションNFT。価格帯は1,000円~1,000万円で、販売数は計1,001点である。3月31日の23時59分までの期間で初回販売を実施しており、この間は二次販売はできないようにした。4月1日以降に二次流通が開始された後の売上金は寄付されない。

初回販売期間終了後、寄付総額として収益全額を公表。その際、寄付を行ったユーザーの名前も一覧で発表すると説明している。

ブロックチェーン技術の活用

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が継続する中で、国境を超えて迅速にやりとりができる暗号資産(仮想通貨)やNFTは存在感を高めている。ウクライナ政府も早くから、仮想通貨アドレスを開設して寄付の受付を開始した。

関連ウクライナ政府、17億円分の仮想通貨寄付金で軍需品を調達

また13日にはウクライナ政府が、NFTを販売して資金調達する計画について、詳細を一部明らかにしている。ロシアとの戦争に関するニュースストーリーを表現したアートになると説明しており、「この資金調達が実現すれば、Web3.0(分散型ウェブ)における初めての国境を超えた戦時債券になりうる」との声も上がった。

関連ウクライナ政府、NFT販売による資金調達を計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します