CoinPostで今最も読まれています

GMO提供のNFTマーケットプレイス|特徴や使い方を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

現在、注目されているNFTマーケットプレイスが「Adam(アダム) by GMO」です。

日本円での取引に対応している点に加え、イラストやYouTuberの動画などの豊富なコンテンツを取り揃えています。

ECサイトのように見やすいサイトデザインであり、多彩な決済手段に対応していることから、暗号資産(仮想通貨)初心者にもおすすめです。

本記事では、「Adam(アダム) by GMO」の特徴や注意点、NFT(非代替性トークン)の購入方法を紹介します。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

目次
  1. 国内有数のNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO」
  2. Adam(アダム)by GMOがおすすめな3つの特徴
  3. Adam (アダム)by GMOを利用する上での注意点
  4. Adam(アダム)by GMO、NFTを購入するには
  5. Adam(アダム)by GMOの将来性

1.国内有数のNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO」

「Adam(アダム) by GMO」は、GMOインターネットグループが提供するNFTマーケットプレイスです。

2021年8月31日より、β版サービスの提供が開始され、インフルエンサーのコンテンツの他、マンガ家やイラストレーターの作品が約1,200点出品されています。

「Adam(アダム) by GMO」の目的は、NFTを活用したコンテンツ流通革命の支援です。

また、イーサリアム(ETH)での決済はもちろん、口座振り込みやクレジットカード払いにも対応しており、従来のマーケットプレイスよりも便利で簡単に使用できます。

サービスは開始されたばかりですが、著名なアーティストとファンをつなぐ魅力的なマーケットプレイスになることでしょう。

関連記事:GMOグループ、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版提供開始

2.Adam(アダム)by GMOがおすすめな3つの特徴

出典:Adam by GMO

「Adam(アダム) by GMO」が注目されている理由は、利便性が高く、魅力的なコンテンツが豊富に揃っているからです。

以下では、「Adam(アダム) by GMO」がおすすめな3つの特徴を紹介します。

2-1 日本円でのNFTを取引

NFT売買で一般的に利用される決済方法は、イーサリアムによる決済です。

しかし、イーサリアムの決済だと、仮想通貨になれていない人は取引に苦労するデメリットがあります。

「Adam(アダム) by GMO」では、イーサリアム決済の他、日本円での支払いにも対応しています。クレジットカードや銀行振り込みも行えるため、多くの方が気軽に利用できるでしょう。

また、日本円での取引に対応することで、高額なガス代(ネットワーク手数料)の解消に繋がります。NFTの取引では、高額なガス代が問題視されてきました。

「Adam(アダム) by GMO」でなら、ガス代の高騰時には、クレジットカード決済や銀行振り込みを選択して、取引手数料を抑えられます。

2-2 NFTの新コンテンツ「YouTuber」が追加

「Adam(アダム) by GMO」は、アートやマンガ、イラスト、スポーツといった一般的なNFTに加え、YouTuberのNFTも取り揃えています。

2021年9月時点では、登録者数約430万人の人気YouTuberヒカル氏の人気動画コンテンツや、それを基にしたアート作品が出品されています。

現在はヒカル氏のみの出品となっていますが、今後の盛り上がり方次第では、多くのYouTuberの出品が期待されます。

2-3 保有者限定コンテンツがある

「Adam(アダム) by GMO」は、保有者しか視聴できない限定コンテンツも用意しています。

限定コンテンツは、動画や音楽、画像などの形式で提供されます。

例えば、YouTuberが出品した限定動画コンテンツを購入することで、その動画を視聴できるのは購入者のみとなります。

今後さらに盛り上がれば、多くの限定コンテンツが出品される可能性もあります。

3.Adam (アダム)by GMOを利用する上での注意点

「Adam(アダム) by GMO」では、クリエイターがロイヤリティの設定を行えるため、二次販売時には支払いが発生します。

また、今のところNFTを出品できるユーザーは限られています。

以下では、「Adam(アダム) by GMO」を利用する際の2つの注意点を解説します。

3-1 ロイヤリティが発生する

ロイヤリティとは、利用者が権利をもつ人物に支払う対価のことです。「Adam(アダム) by GMO」では、NFTコンテンツの作成者は出品アイテムにロイヤリティの設定ができます。

例えば、ロイヤリティ2.5%のアイテムを購入し、二次販売したとしましょう。この場合、二次販売成立時に手数料として売上金額の5%、ロイヤリティとして売上金額の2.5%の支払いが発生します。

ロイヤリティはクリエイターに還元されるため、クリエイター支援の役割を担っています。しかし、二次販売目的でNFTを購入する場合は、事前に設定ロイヤリティを確認しましょう。

3-2 一般ユーザーは出品できない

2021年9月時点で、「Adam(アダム) by GMO」に一次出品できるのは、一部クリエイターのみで、一般ユーザーは出品できません。出品ユーザーが限られている主な理由は、β版の提供だからです。

公式サイトにも明記されているように、正式版がリリースされると、一般ユーザーも出品できるようです。また、一般ユーザーは一次販売こそできませんが、購入した作品を販売する二次販売は行えます。

4.Adam(アダム)by GMO、NFTを購入するには

「Adam(アダム) by GMO」でNFTを購入するためには、まずは公式サイトからアカウント登録をする必要があります。アカウント登録時に必要なのは、メールアドレスとSMSを受け取れる携帯電話番号のみです。

アカウント登録完了後、気になる作品を購入、オークション形式なら入札します。支払い方法は、イーサリアムと日本円に対応しています。

しかし、実際には出品者指定の通貨でしか購入できません。イーサリアムのみの指定の場合は、イーサリアムでの購入となるため、事前にウェブウォレット「MetaMask(メタマスク)」のインストールと接続をしておくことをおすすめします。

5.Adam(アダム)by GMOの将来性

「Adam(アダム)by GMO」は、2021年8月31日にβ版の提供が開始されたばかりの、まだまだ新しいNFTマーケットプレイスです。

日本円対応や魅力的なコンテンツが揃っていることを踏まえると、将来性に期待できます。

正式版がリリースされると、一般ユーザーの出品や購入したNFTの外部マーケットプレイスへの出庫など様々な機能拡充が実施される予定です。

興味のある方は、実際に公式サイトで作品をチェックしてみましょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧