コインチェック、ディセントラランド上にメタバース都市「Oasis KYOTO」建設へ

さらなるメタバース都市を建設

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは16日、既に制作を進めている「Oasis TOKYO」に続き、別のブロックチェーンメタバース「ディセントラランド(MANA)」上で、新たなメタバース(仮想現実)都市「Oasis KYOTO」の建設を開始したことを発表した。

今回発表された「Oasis KYOTO」は、「2035年の近未来都市」をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティ拠点で、神社仏閣といった日本の古都を連想させる街並みとなっている。

建設目的は「Oasis TOKYO」と変わりはなく、両都市ともファッションや音楽、アートを通じて「さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場」となることを目指している。

関連:コインチェック、The Sandboxのメタバース上で近未来都市「Oasis TOKYO」開発へ

両都市の違いは、都市を建設するプラットフォームにある。

「Oasis TOKYO」は、最近多数の企業が相次いで参入するユーザー主導型ゲームメイキング・プラットフォーム「ザ・サンドボックス(SAND)」上で建設が進められている。一方で、今回の「Oasis KYOTO」は別の人気メタバース・ブロックチェーンゲームとして知られる「ディセントラランド」上で建設される。

現時点で、両プラットフォームの時価総額は、メタバース・P2E関連の時価総額ランキングで1、2位を占めている。それらに次ぐのは、「Axie Infinity」だ。今回の発表により、コインチェックは、2つの世界最大手ブロックチェーンゲームに進出した格好となる。

ディセントラランド

ディセントラランド内では、ゲーム内通貨として「MANA」が流通しており、ユーザーは遊んで報酬を稼ぐP2E(Play to Earn)が可能となっている。同ゲームのメタバース世界は、約90,000区画の土地「LAND」によって構成されており、このLANDを購入することで、都市やイベント会場などを建設することができる。

関連:Decentraland(ディセントラランド)とは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

ザ・サンドボックスと同様、すでに複数の企業が参入しており、海外では米金融大手のJPモルガンがディセントラランド上にラウンジを開設。メタバースの可能性は非常に高いとする一方で、現時点では技術的な面に課題があると指摘している。

関連: JPモルガン、メタバース「ディセントラランド」にラウンジを開設

また、国内では、アソビシステム株式会社を始めとする計3社が合弁会社「MetaTokyo株式会社」を設立し、同ゲーム上で「メタトーキョー(MetaTokyo)」プロジェクトを推進。音楽・エンタテインメントのフェスティバルの開催やライブ会場の建築、有名IPとのコラボレーションに関するプロジェクトを計画している。

関連:ディセントラランド上の都市「メタトーキョー」、運営の法人設立

関連「エヴァ」メタバース、スモールワールズ TOKYOが構築へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します