東京ガールズコレクションNFT、バイナンスで即日完売 2,500体が即日完売

TGCのコラボNFTが販売

ブロックチェーン開発企業Block Maker株式会社は19日、東京ガールズコレクション(TGC)がコラボしたNFT(非代替性トークン)コレクション「Onimaru x TGC 2022 S/S: Runway Collection」が、最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのNFTマーケットプレイスで販売され、即日完売したことを発表した。

若年層に高い人気を誇るファッションショーの東京ガールズコレクション(TGC)がコラボレーションしてデザインした「Onimaru x TGC 2022 S/S: Runway Collection NFT」は、Blocverse Pte. Ltd.によってNFTとして発行され、バイナンスが運営する「Binance NFT」にて販売。リリースされた2,500体のうち全てが即日完売となった。

関連: バイナンスNFT、「せきぐちあいみ」含む世界各国アーティストのNFT作品提供へ

出典:Block Maker

同NFTは、BNBチェーン基盤のメタバース空間「BlocWars」上のNFT。BlocWarsは、アパレルブランドやアートギャラリー、音楽イベントなど様々なイベントが開催されており、ファッション、エンターテイメント、ソーシャル要素が強いメタバース空間として知られる。NFT所有者は、個人スペースである「Swag Zone」で展示したり、メンバーズクラブの証として特設スペースに参加できるようになる。

関連: バイナンスNFT、業界初のIGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)開始を発表

ONIMARU

今回「東京ガールズコレクション」とコラボすることになった「ONIMARU」は、NFTコレクターから注目を集めるコレクティブシリーズ。BlocWars内では、3D表示させることで、自分で動かして様々な角度から鑑賞することができる他、育成機能や服、スニーカー、帽子などのウェアラブルNFTによるカスタマイズも可能となっている。

自分好みにカスタマイズしたNFTなどは、BlocWars内の土地NFTに設置されている自分専用の展示スペース「Swag Zone」を通して他のユーザーに共有ができ、「いいね」を貰うことによって、他のNFTを購入するためのポイントが獲得できる仕組みとなっている。ユーザーは、特定のONIMARUを入手することで、土地NFTの早期取得が可能となる権利を獲得できる。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します