バイナンス、エイプコイン(APE)やSTEPNのGMTなど5つの新規通貨ペア追加へ

5つの仮想通貨ペア

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは24日、新たな通貨ペアの追加を発表した。

対象ペアは以下の5つ。取引は日本時間25日22時より開始する予定だ。

銘柄の紹介

エイプコイン(ApeCoin)は先週17日リリースされたばかりの新規銘柄。人気NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」保有者に無料配布(エアドロップ)されており、ApeCoin DAOのネイティブ・ガバナンストークンとして機能する。

関連:BAYC、「ApeCoin」を配布へ コインベースやFTXに上場予定

グリーンメタバーストークン(Green Metaverse Token)はソラナ(SOL)ブロックチェーンを基盤にした運動系アプリSTEPN(ステップン)のガバナンストークンだ。「Move-to-earn」を提唱しており、歩数に応じて報酬を得ることができる。

関連:バイナンス、ソラナ基盤の仮想通貨STEPNのIEOを実施

ジャスミーは国内のブロックチェーン企業ジャスミー株式会社が手掛けるIoT(モノのインターネット)機器から発生したデータを取引できるプラットフォーム。ジャスミー(ジャスミーコイン)はERC-20規格のネイティブトークンとなっている。

SANTOSはブラジルのサッカークラブ、サントスFCのバイナンス公認ファントークン。ファン投票や決済、寄付などの場面で利用できるユーティリティトークンとして機能する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します