米SEC、Arkの現物ビットコインETF申請を非承認

ARK 21Shares Bitcoin ETFを非承認

米SEC(証券取引委員会)は3月31日、ARK Investmentsの申請した現物ビットコインETFに対して、非承認の判断を下した。

非承認に関しては、以前VanEckやNYDIG、フィデリティなどの企業の申請を非承認する際に指摘した理由と同様、「相場操縦や詐欺行為を防ぎ、投資家の利益を守るための要件を満たしていない」といった懸念点が挙げられている。

米大手ヘッジファンドARK Investmentsは昨年6月、スイスを拠点にする資産運用企業21Sharesと提携しビットコイン(BTC)ETFの申請書をSECに提出していた。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

SECは先日、WisdomTree社(2度目申請)とOne River社が申請する現物ビットコインETFについて可否判断を延期。その前はNYDIGおよびGlobal Xの2社の現物ビットコインETF申請に対しても非承認の判断を下した。

関連米SEC、2つのビットコインETF判断を延期

SECのGensler委員長がこれまで示してきた現物ビットコインETFに対する不信感は業界から反発を買っているが、今後SECの判断を左右しうる可能性としては、米バイデン大統領が先日署名した仮想通貨に関する大統領令による影響だと推測されている。

関連反響広がる仮想通貨関連「米大統領令」、政府関係者や有識者らの見解は?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します