テラ基盤ウォレット「Leap」、大手VCから4億円調達

AndroidとiOSアプリも予定

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)のエコシステムに対応するウォレット「Leap」は5日、資金調達ラウンドで4億円を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのは、米大手仮想通貨VCのPantera CapitalとCoinFundで、テラを開発するTerraform LabsやVCのArrington Capitalも参加した。

関連米パンテラ、ビットコイン関連ファンドに53億円追加

関連英大蔵省「UKを仮想通貨技術と投資の世界的ハブに」

今回の調達はLeapの独自トークンのプライベート販売によって実施されたもの。チームの拡大やAndroidとiOSのモバイルアプリのローンチなどに充てていく。

LeapはTerraform Labsからの助成金のもとで昨年11月にローンチされたウォレットで、Chromeのエクステンションとしてダウンロード可能だ。テラブロックチェーン上でトークンの保管や送信、スワップができる。LeapのファウンダーSanjeev Rao氏は米メディアThe Blockに現在の利用者数が4,500人を超えていると話したという。

テラエコシステムはイーサリアムエコシステムのTVL(DeFiプロトコルへの預け入れ総額)に次ぐ規模まで成長。DeFi Llamaのデータによると、3兆円近くあるが、現在はイーサリアムエコシステムの2割ほどだ。

関連「サトシ・ナカモトを除き、過去最大のビットコイン保有者を目指す」仮想通貨テラの共同創設者が明かす

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します