バイナンスVC部門、運動で稼ぐNFTゲーム「STEPN」に戦略的投資へ

バイナンスラボ、STEPNに出資

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのVC部門であるバイナンス・ラボは6日、NFTゲーム「STEPN(ステップン)」への戦略的投資を発表した。

Move-to-Earn(運動して稼ぐ)系プロジェクトの代表格であるSTEPNは、直近数か月で100倍の成長を遂げたとバイナンス側は説明。22年1月にも、最大手デリバティブ(金融派生商品)取引所FTXの親会社であるアラメダ・リサーチをはじめ、セコイアキャピタルやソラナ・ベンチャーズなどの大手投資企業から6億円相当の資金調達を実施していた。

バイナンスのVC部門責任者であるBill Qian氏は、今回の投資について以下のようにコメントした。

「Move-to-Earn(運動して稼ぐ)」がWeb3.0のトレンドとして台頭する中、STEPNはユーザー数の急増で業界に貢献している。運動のゲーム化はブロックチェーン技術に対する関心を募らせ、仮想通貨・ブロックチェーン業界の主流化を加速してくれるだろう。

STEPNの共同設立者であるYawn Rong氏は、「今後はマルチチェーン対応やブランド提携を想定している」と説明。「ロードマップでは、独自トークンである“GMT”のユースケース拡大も予定している」と語った。

バイナンスは今年3月、STEPNのガバナンストークンであるGMTのIEO(トークンセール)を実施。バイナンスのイノベーションゾーンで上場した後、バイナンスでも取り扱いを開始した。

GMTトークンは上場初日の3月9日に始値0.01ドルから0.19ドルまで急騰。

STEPNのユーザー数拡大や人気上昇を背景にその後も右肩上がりに推移し、4月1日には上場初日高値の16.5倍となる3.13ドルまで高騰した。

関連:バイナンス、STEPN(GMT)のIEOを実施

STEPNとは

STEPNは、高速送金かつ取引手数料が安価なレイヤー(L1)チェーンとして知られるソラナ(SOL)ブロックチェーンを基盤とする運動系アプリ。「Move-to-earn」のNFTプラットフォームとして、歩数やエネルギーに応じて報酬を得ることができる。

STEPNでは、ウォーキングやランニングの報酬として付与されるユーティリティトークンのGST(グリーンサトシトークン)とガバナンストークンのGMT(グリーンメタバーストークン)という2種類のトークンがある。

STEPNは、健康的な生活習慣と共に、ユーザーにWeb3.0という概念を紹介しつつ、「カーボンニュートラルな社会に貢献する」という3つの目標をミッションに掲げている。

カーボンニュートラルとは

二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量から吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにする事で、排出量が実質的にゼロな状態を指す。日本政府は2050年までに「カーボンニュートラル」達成を目標にしている。

▶️仮想通貨用語集

また、3月末にはSTEPNのアプリ内で仮想通貨ビルドアンドビルド(BNB)への決済対応も開始。アプリ内でのアイテムを購入する際にBNB決済やBNBチェーンへの対応を表明していた。

関連:運動系NFTゲーム「STEPN」、BNB決済対応へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します