米SEC、Teucrium社のビットコイン先物ETFを承認

4つ目のビットコイン先物ETF

米SEC(証券取引委員会)は6日、上場投資信託プロバイダーのTeucrium Trading社が申請したビットコイン先物ETFを承認した。

Teucriumは昨年5月に申請をSECに提出。承認を受け、ニューヨーク証券取引所のArca取引所に上場することになる。Teucrium社のビットコイン先物ETFはSECが承認した4つ目のビットコインETFだ。

関連VanEckのビットコイン先物ETFが取引開始、米3例目

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物の元プロが解説

Teucrium Tradingは主に農産物のETFを提供する業者だ。2011年に米国で初めて農産物コモディティのETFを導入し、大豆ファンドや小麦ファンド、砂糖ファンドなどを運用している。

インバース型ビットコインETFの申請も

SECが最初に承認したビットコイン先物ETFを提供するProShares社は5日、インバース型のビットコイン先物ETFの申請をSECに提出した。

このインバース形のETFは-1xのレバレッジでカナダで取引されるHorizons ETFに対しショートポジション(空売り)を取るものだ。

昨年にはビットコイン先物ETFの承認後に、複数の企業からインバース型のビットコイン先物ETFの申請が提出されたが、SECは承認しない方針を示した背景がある。

関連米Direxion インバース型ビットコイン先物ETFの申請を取り下げ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します