米仮想通貨企業コインメトリクス、BNYメロンなどから40億円超を資金調達

BNYメロンが投資ラウンドを主導

暗号資産(仮想通貨)分析企業CoinMetricsは6日、シリーズCラウンドで約43億円(3,500万ドル)の資金調達完了を発表した。カストディ事業を手がける米金融大手のBNYメロンらが投資ラウンドを主導している。

また、BNYメロン以外にも、シカゴ・オプション取引所(Cboe)を運営するCboe グローバル・マーケット社や、アブダビの政府系ファンドである「ムバダラ投資会社」等が新たに出資。ゴールドマン・サックスとフィデリティなども増資する形となった。

関連: UAE政府系ファンドCEO、仮想通貨の将来性を評価

今回の調達資金は、DeFi(分散型金融)やdApp(分散型アプリケーション)関連の新製品開発や国際展開、そしてインフラへの投資に充てられる。

CoinMetrics(コインメトリクス)は米ボストンを拠点とする仮想通貨データ分析企業。機関投資家向けのブロックチェーンデータや仮想通貨市場データなどを提供している。

同社は21年5月にも、シリーズBの資金調達ラウンドで約18億円(1,500万ドル)を調達したばかり。同年9月には米国公認会計士協会(AICPA)が定めるSOC2(System Organization Control)認定を取得していた。

SOCはクラウドサービスの内部統制に関する外部監査の国際認証制度。過去にはリップル社の提供するリップルネットも4大監査法人の一角であるデロイトからSOC2認証を取得した経緯がある。

関連: リップル社、RippleNetでSOC2認証を取得

BNYメロンの仮想通貨動向

BNYメロンの資産サービス&デジタル部門のKatey Neate CRO(最高リスク責任者)は、同行のデジタル資産サービスの立ち上げに向けて強固なリスク管理フレームワークを構築することの重要性を強調した。

CoinMetricsとの連携強化は、当社が重要な機能を開発するために最先端の技術ソリューションを活用していることを示す新たな事例だ。同社と連携して、仮想通貨業界全体のリスク管理水準を高めていきたい。

運用資産総額が約4,200兆円に及ぶ世界有数の金融機関であるBNYメロンは現在、仮想通貨業界への事業進出を進めているところだ。22年2月に、大手仮想通貨カストディ企業Fireblocksと提携し、機関投資家にビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の保管サービスの提供を計画していることが報じられた。

また、3月には米ドルステーブルコインUSDCの発行関連企業Circleと提携し、USDCの裏付け資産を保管(カストディ)することが明らかになっていた。

関連:米大手信託銀行BNYメロン、USDCの準備資産を保管

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します