ホンジュラスの経済特区、ビットコイン債権を合法化 仮想通貨を事実上の法定通貨として認める

ホンジュラス、ビットコイン導入加速化

中米ホンジュラスの経済特区「Próspera」(プロスペラ)は7日、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を、地域内で事実上の法定通貨として認めることを発表した。また、企業などによるビットコイン債権の発行を認める。

ホンジュラス中央銀行は3月、同国がビットコインを法定通貨にするという噂を公式に否定。しかし今回の発表では、ホンジュラスの北部ロアン島に位置するプロスペラ(Próspera)という経済特区が、地域の法定通貨としてビットコインを認めた形だ。

今後プロスぺラでは、ビットコインにキャピタルゲイン税がかからず、税金や手数料をビットコインで自治体に支払うことが可能になる。

さらに、同地区では、ホンジュラスの自治体や海外企業等によるビットコイン債権の発行を合法化。世界標準のマネロン防止規制や顧客身元確認ルールに準拠した枠組みの下で、外国からの直接投資を募り、仮想通貨事業を構築できると説明した。

プロスペラは公式発表で、こうした政策が、貧しいコミュニティを、イノベーションと繁栄の中心地へと変えていく上で役立つと述べた。

なお、ビットコイン債権については、ビットコインを世界で初めて法定通貨に導入したエルサルバドルが導入計画を発表しているが、まだ実際の発行は行われていない。世界的な金融市場の状況が不安定であることから、3月中旬に発行を延期していた。

関連: エルサルバドル、ビットコイン債券の発行を延期へ

プロスペラは2020年にホンジュラス北部のロアン島でローンチした経済特区。スタートアップ都市を掲げており、香港のように半自治区として機能する。

出典:prospera.hn

ロアン島の総人口は約50,000人で、総面積は83平方キロメートルで種子島の2割程度の規模だ。ビットコイン債権の発行を合法化することで、海外直接投資(FDI)の誘致を促す狙いだ。

ポルトガルやメキシコでの取り組み

ビットコイン導入を検討している世界の地域は、最近増加傾向だ。米マイアミで開催中の仮想通貨カンファレンス「Bitcoin 2022」では、ポルトガルや、メキシコで検討されているビットコイン関連の取り組みについても紹介された。

欧州ポルトガルの自治州マデイラ島も、ビットコイン導入に目を向けているところだ。マデイラ島は、アフリカ大陸の北西に浮かぶ島々から構成されおり、観光地として有名だ。

この自治州のミゲル・アルバカーキ大統領は「私は未来とビットコインを信じている」とカンファレンスで発言。マデイラ島では、個人のビットコイン取引には、所得税が発生しないと説明した。

また、メキシコのインディラ・ケンピス上院議員も、カンファレンスで、仮想通貨法案の取り組みについて、最新情報を提供。同議員は、エルサルバドルのビットコイン法に触発されて、メキシコでビットコインを法定通貨とする法案を構想している。

関連:メキシコ議員、ビットコイン法定通貨化の草案提出へ

ケンピス議員は、「2ヶ月以内に、フィンテック規制と通貨法における規制を修正する法案を提出する予定だ」と明かした。メキシコ大統領とも、法定通貨としてのビットコインについて一緒に話すことを希望しているという。

また、同議員は、ビットコイン法案とは別に、金融包摂と金融教育を憲法上の権利として保障するための法案にも取り組んでいると語った。

なお、21年10月時点では、メキシコのロペス・オブラドール大統領は、エルサルバドルの事例に追随するかという質問に対し、仮想通貨を法定通貨にすることはないと否定していた経緯がある。

一方で、メキシコは中央銀行デジタル通貨(CBDC)については検討している模様。メキシコ大統領府のTwitterアカウントは21年12月、2024年までに独自のデジタル通貨を導入する計画を明かしていた。

エルサルバドルのビットコイン法とは

米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定めている。エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。

▶️仮想通貨用語集

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します