インフレ懸念とリスクオフの綱引き健在、ビットコイン相場はFOMCまで動きにくい状況か 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

今週(16日〜22日)の仮想通貨相場

今週のビットコイン市場は上値の重い展開が続いた。一時は43,000ドル付近まで上昇し回復の兆しが見えるも反落し、その後は39,800ドル前後を推移している、


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

16日〜22日のBTCチャート

Tradingview

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

4月16日〜22日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場はやや復調の兆しを見せる場面もあったが、22日正午時点では、週高値の550.8万円から反落し上げ幅を縮小し520万円台前半で推移している。

極端に薄商いとなった週末だったが、シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物がギャップアップして取引を再開すると、窓埋めを目指し相場は上値を重くすると、週明けの日経平均が押したことで連れ安となり、18日のBTC対円は一時500万円を割り込んだ。

しかし、リビア国営石油会社(NOC)が国内最大級の油田を停止すると発表すると、原油価格の上昇を受け、BTCはショートの清算を伴い反転上昇、520万円台に乗せた。週央に差し掛かるとドル円相場の上昇に拍車がかかり、対円のBTCはジリ高。そこに、オーストラリアで初のBTC上場投資信託(ETF)が来週にも上場されるとの報道や、米株の反発、さらには20日の英欧株式市場の上昇を受け、540万円にタッチした。

週後半からは、テスラの好決算を受けた米株先の急反転に連動する格好で550万円台に乗せたが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、国際通貨基金(IMF)の会合でタカ派な発言をしたことで相場は急反落し、一時4万ドル水準となる512万円をも割り込む場面があった。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

パウエルFRB議長は、5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での50ベーシスポイント(bp)利上げ検討や、政策金利を迅速に中立的な水準まで引き上げる方針を示した上、米経済は「非常に強い」と強調し、高インフレ抑制に向けた政策の引き締め強化に意欲を示した。

ただ、パウエル議長の発言を持ってしても市場の織り込むインフレ率を示すブレークイーブンインフレ率(BEI)は、10年物が3%台に突入しており、市場はインフレが依然としてピークを迎えたとは想定してないようだ。来週はFRBメンバーのメディア・ブラックアウト期間に入るため、市場は5月FOMCに向けて様子見ムードとなりやすい反面、BEIの底上げはBTC相場の下支えとなろう。

今週は、「ネットフリックス・ショック」もあり、BTCと強い相関が指摘されるナスダック指数は直近の安値を高進するほど強く押しているが、BTCは比較的に底堅い推移を演じたと言え、インフレ懸念とリスクオフの綱引きは健在と見ている。

来週は、伸びの鈍化が予想されている米国の国内総生産(GDP)速報値と、伸びの加速が予想されている四半期雇用コスト指数、3月個人消費支出(PCE)の発表を控えているが、市場予想通りであればBTCにはまちまちな結果となるか。

BTC相場は昨年からBEIの伸びに若干遅れて追随するように上値を伸ばす場面が見られているが、FOMCまでは動きにくい状況が続くと指摘される。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:払拭されぬインフレ懸念、ビットコインは引き続き方向感を欠く可能性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します