Gala Games、AI搭載インタラクティブNFTをリリース

AI搭載の新感覚NFTキャラ

ブロックチェーンゲームの開発と提供を手がけるGala Gamesは28日、AI(人工知能)と音声認識技術を組み合わせたNFTキャラクター「Fuzzle(ファズル)」の販売を開始した。

同日Gala Games Storeにて販売され、暗号資産(仮想通貨)GALAもしくはETHで購入することが可能。

Fuzzleは容姿が個体によって異なり、AIと音声認識機能を搭載したインタラクティブなNFTとしてユーザーと会話を交わしたり、ゲームをしたりすることが可能。話せば話すほど、遊べば遊ぶほど進化し、学習していくという特徴を備えている。

Fuzzleの所有者は、iOSまたはAndroidの専用アプリで対話することが可能。また今後は、関連イベント・コンテストなどを通じて報酬を稼げるようになることや、ドロップなども予定されている(詳細は未定)。

FuzzleはAI企業「Endless AI」との提携で、GPT-3などの最先端の自然言語モデル技術を活用した「生きたNFT」を目標に開発されたNFTキャラクターだ。NFTとしてはイーサリアムのERC-721規格に沿っており、合計9,997種類が発行される。

出典:Gala Games

AI企業と提携

Fuzzleの販売開始にあたり、Gala GamesはAI開発企業「Endless AI」との提携を発表。2019年に創業したEndless AIは、AIとブロックチェーン技術の融合に重点を置くエンタメ企業だ。

Endless AIは、ゲーム・エンタメ業界の大手企業(Zynga、Jam City、Gameloft、Scopely、Telltale Games)出身のベテランゲームデザイナーや技術者からなるメンバーを擁す。

メンバーは過去に、Jam Cityのヒット作「ハリー・ポッター:ホグワーツの謎」や、10億ダウンロードを達成した「ミニオンラッシュ:ランニングゲーム」、また「Pokémon TCG Online」、2億ドル(約250億円)の収益をあげた「マインクラフト」などの、世界的有名タイトルに携わった実績を持つ。

Endless AI開発チームが行った、FuzzleについてのYouTubeライブ配信およびAMAのまとめは、Gala Games Japanの公式ブログで確認することができる。

Gala Musicの近況

Gala Gamesは今年2月に分散型レコードレーベル「Gala Music」をローンチしており、4月3日にラスベガスで開催された第64回グラミー賞のアフターパーティを主催している。

このパーティーには多数の音楽業界の著名人が参加し、グラミー賞の最優秀レコード賞および最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞したブルーノ・マーズとアンダーソン・パークのコラボプロジェクト「シルク・ソニック」のライブが行われた。

またGala Musicは、世界的なレストラン・ナイトクラブを運営するTAOグループと共同で、4月15〜17日までカリフォルニア州インディオで開催された「コーチェラ・フェスティバル」のアフターパーティに参加するなど、大規模な音楽イベントにも積極的に関わっている。

リリース面では、新進アーティスト発掘プログラムとして、ジェーン・ハンドコック、オクトーバー・ロンドンの新譜をNFTアルバムとして販売。共にスヌープ・ドッグ、そしてデス・ロウ・レコードのお墨付きアーティストで、NFTアルバムは販売開始後わずか数分で完売。

他には、複数の楽曲NFTを集めることで獲得できる特典NFTの提供や、Gala Gamesのプラットフォームに追加された最新ゲーム「グリット(GRIT)」のシークレットテストサーバーに参加できる権利など、音楽とゲームを掛け合わせた特典も提供している。

関連:Gala Musicが音楽NFTプラットフォームをローンチ

関連:スティーブ・アオキ氏「NFT収入が音楽収入を上回った」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します