ニア基盤Aurora、110億円規模の開発者ファンドをローンチ

トークンファンド

ニア(NEAR)ブロックチェーンを基盤とするEVMチェーンであるAurora(オーロラ)を開発するAurora Labsは12日、115億円(9,000万ドル)規模の開発者ファンドをローンチしたことを発表した。Aurora基盤のDeFi開発を加速させることが目的だ。

このファンドはニアプロトコルのDeFi開発企業Proximity Labsとともにローンチしたもの。Aurora Labsが9,000万ドルに相当するAURORAトークンをDAO国庫から提供する形だ。

Proximity LabsはAURORAトークンを管理し、Aurora基盤のDeFi開発を行う開発者に給付するという。

Aurora Labsの創設者Alex Shevchenko氏は発表で、「Aurora DAOは、イーサリアムの外側にイーサリアムの経済を拡張する使命を続けている。この助成金はAuroraエコシステムの発展における次の大きなステップだ」と述べている。

Auroraはニアプロトコル基盤のプロダクトだが、ニア本体のレイヤー1ネットワークと異なる、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンとの互換性を持つブロックチェーンに当たるもので、トークンブリッジなどをユーザーに提供している。

執筆時点で、Aurora上で運用のためにロックされた仮想通貨の総価値「TVL(Total Value Locked)」は約8億ドル(約1,000億円)。

ニア関連では、ニアプロトコル(Near Protocol)は4月に430億円規模の資金調達を実施していた。グローバルでコミュニティの地域的ハブを増やし、エコシステムの分散化を加速させていく狙いだ。

関連Near Protocol、430億円調達  FTXベンチャーズなどが参加

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します