「テラ(LUNA)をフォークする」 エコシステム存続に向けた復興プランが投票へ

Terraチェーンの復興プラン

Terraform Labs社のDo Kwon共同創設者は14日、暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)のエコシステムに関する「リバイバル(復興)プラン」を公開した。

Terraフォーラムへの投稿によると、Do Kwon氏はテラのコミュニティと開発者のエコシステムを維持することを最優先に、Terraチェーンのコードをコピーして再構築すること(「フォーク」と表現)を提案している。

Terraチェーンの再構築に向けたイセンティブを設けるために、新たに10億トークンを発行するというもの。同氏は以下のように述べている。

TerraUSD(UST)は昨年来のテラの成長ストーリーの中心ではあったが、Terraのエコシステムとそのコミュニティこそが保存する価値がある。

提案は、「攻撃開始前」のLUNA・USTトークンの保有者や忠実なコミュニティメンバーや開発者がエコシステムに留まり、これまでのように貢献し続けることを期待している。新しいトークンの配布案は以下の通り。

  • 40%:USTが1ドルを乖離(デペッグ)した時点(@Binance)、より以前のLUNAホルダー(bLuna、LunaX、コントラクトで保有されたLUNAを含む)
  • 40%:新規ネットワーク開始時のUSTホルダー
  • 10%:Terraチェーン停止時点のLUNAホルダー
  • 10%:将来の開発資金としてコミュニティプール

関連:テラ(LUNA)・UST問題をHashHub平野CEOが解説、ビットコイン急落の背景は|CONNECTV・動画解説

コミュニティ投票へ

5月7日以降、アルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」が1ドルの基準値からデペッグ(乖離)し始めると、裏付け資産となる仮想通貨テラ(LUNA)の価値は7日の終値10,114円から5月12日の0.457円まで、約22,000分の1に下落していた。USTは5月13日時点に0.123393ドルまで下落している。

Do Kwon氏は以前は活発にコミュニティに発信し続けていたが、5月11日にソーシャルメディアでリカバリープランの提案したことを最後に、影を潜めていた。当時の提案は、USTを買い支えるために、Luna Foundation Guard(LFG)が新たに1,300億円(10億ドル)の資金調達を行うというもの。LUNA暴落の最中だったこともあり、投資家からの支持を得られなかった。

関連:LFG、テラUSD(UST)の救済視野に1,000億円規模の資金調達か=報道

Do Kwon氏は新たなリバイバルプランについて公開すると共に、直近数日間の沈黙について以下の様に釈明している。

ここ数日、USTの暴落によって大打撃を受けたテラ・コミュニティの人々(開発者、コミュニティのメンバー、スタッフ、友人、家族)への電話対応に追われていました。私の開発が皆様に苦痛を与えたことに、心を痛めています。

出典:Terra Station

新たなリバイバルプランについては14日午前8時頃から投票が開始されており、1時間が経過した時点では賛成が100%となっている。過去の投票は数日以内に定足数に達するケースが多かった。

フォーラムでのコミュニティの反応は様々。あくまでも方針を打ち出した内容に過ぎないため、細部を確認しようとするものや、単にLUNAを買い戻すよう懇願するものも見られる。投稿から7時間で4,5000viewを集め、1600件のリプライを得るなど注目を集めている。

関連:ブラックロックとシタデル、ステーブルコインUSTの取引を否定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します