CoinPostで今最も読まれています

スクエニ、NFTゲームの事業戦略を打ち出す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中期事業戦略でブロックチェーンを推進へ

大手ゲームメーカーの株式会社スクウェア・エニックス(以下、スクエニ)は先週、決算説明会を行い、中期事業戦略を発表。「新規領域への挑戦」を戦略の一つに掲げており、NFTやブロックチェーン領域のエンタメを推進していくとしている。

ブロックチェーン・エンタテインメント領域の方針

スクエニは、2022年2月にブロックチェーン・エンタテインメント事業部を新設した。今回の発表によると、ブロックチェーン・エンタテインメント領域では、以下の3つを主要な施策として挙げている。

  1. ブロックチェーンゲーム・エンタテインメント開発
  2. 海外法人設立
  3. 資金調達

ゲーム開発の分野では、ブロックチェーンゲーム向けの法規制整理や、ガイドライン策定に関わっていきたいとした。その他に、「NFT経済圏や体験のスケーラビリティ(規模拡張性)への取り組み」、「専用トークンの発行と、それに関連する収益構造やコミュニティの設計」を挙げた。

また、世界観やストーリーを重視したクリエイティブプロジェクトと組み合わせて、NFTの新規ブランドや知的財産(IP)の開発を行っていくことにも言及している。

独自トークン発行の可能性やトークンエコノミー導入の利点については、松田洋祐社長も1月に年頭所感で語っていたところだ。

関連スクウェア・エニックス、ブロックチェーンゲーム事業本格化へ

海外法人設立については、「独自トークンの発行や管理・運用」と暗号資産(仮想通貨)が普及している国でのゲームやサービス事業展開を掲げた。

「資産性ミリオンアーサー」セカンドシーズン制作が決定

スクエニは、2021年10月に「集めて貼って楽しめるNFTデジタルシール」としてNFT(非代替性トークン)コレクション「資産性ミリオンアーサー」を発売していた。基盤技術にはLINE Blockchainを採用している。

関連スクエニ共同開発のNFTシール「資産性ミリオンアーサー」リリース LINEチェーン採用

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

「資産性ミリオンアーサー」のファーストシーズンは22年3月に終了したが、手応えがあったため、セカンドシーズンの制作が決定したという。

NFT分野においては、これまでのノウハウを活かして、NFTにおける「収益構造」「遊びの幅」「NFT保有体験」の可能性に挑戦していく方針を示している。

ブロックチェーンゲーム企業などへの投資も

スクエニは、ブロックチェーンやクラウドなど同社の重点テーマを扱う他社への投資も行っている。今回の発表では、Web3.0大手企業アニモカブランズ、メタバースプラットフォーム「ザ・サンドボックス」、クラウドゲームソリューションなどを提供するUbitusへの出資に言及。この他にも、現在グローバルに、複数案件の投資を検討しているという。

スクエニは、ブロックチェーン・NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」で仮想土地を購入済で、RPGゲーム「Dungeon Siege(ダンジョン シージ)」のユーザー体験を展開していくと発表している。アニモカブランズについては、スクエニは2020年3月に、2.3億円の資金調達ラウンドを主導していた。

関連スクエニ、「ザ・サンドボックス」と提携

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧