スクエニ、NFTゲームの事業戦略を打ち出す

中期事業戦略でブロックチェーンを推進へ

大手ゲームメーカーの株式会社スクウェア・エニックス(以下、スクエニ)は先週、決算説明会を行い、中期事業戦略を発表。「新規領域への挑戦」を戦略の一つに掲げており、NFTやブロックチェーン領域のエンタメを推進していくとしている。

ブロックチェーン・エンタテインメント領域の方針

スクエニは、2022年2月にブロックチェーン・エンタテインメント事業部を新設した。今回の発表によると、ブロックチェーン・エンタテインメント領域では、以下の3つを主要な施策として挙げている。

  1. ブロックチェーンゲーム・エンタテインメント開発
  2. 海外法人設立
  3. 資金調達

ゲーム開発の分野では、ブロックチェーンゲーム向けの法規制整理や、ガイドライン策定に関わっていきたいとした。その他に、「NFT経済圏や体験のスケーラビリティ(規模拡張性)への取り組み」、「専用トークンの発行と、それに関連する収益構造やコミュニティの設計」を挙げた。

また、世界観やストーリーを重視したクリエイティブプロジェクトと組み合わせて、NFTの新規ブランドや知的財産(IP)の開発を行っていくことにも言及している。

独自トークン発行の可能性やトークンエコノミー導入の利点については、松田洋祐社長も1月に年頭所感で語っていたところだ。

関連スクウェア・エニックス、ブロックチェーンゲーム事業本格化へ

海外法人設立については、「独自トークンの発行や管理・運用」と暗号資産(仮想通貨)が普及している国でのゲームやサービス事業展開を掲げた。

「資産性ミリオンアーサー」セカンドシーズン制作が決定

スクエニは、2021年10月に「集めて貼って楽しめるNFTデジタルシール」としてNFT(非代替性トークン)コレクション「資産性ミリオンアーサー」を発売していた。基盤技術にはLINE Blockchainを採用している。

関連スクエニ共同開発のNFTシール「資産性ミリオンアーサー」リリース LINEチェーン採用

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

「資産性ミリオンアーサー」のファーストシーズンは22年3月に終了したが、手応えがあったため、セカンドシーズンの制作が決定したという。

NFT分野においては、これまでのノウハウを活かして、NFTにおける「収益構造」「遊びの幅」「NFT保有体験」の可能性に挑戦していく方針を示している。

ブロックチェーンゲーム企業などへの投資も

スクエニは、ブロックチェーンやクラウドなど同社の重点テーマを扱う他社への投資も行っている。今回の発表では、Web3.0大手企業アニモカブランズ、メタバースプラットフォーム「ザ・サンドボックス」、クラウドゲームソリューションなどを提供するUbitusへの出資に言及。この他にも、現在グローバルに、複数案件の投資を検討しているという。

スクエニは、ブロックチェーン・NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」で仮想土地を購入済で、RPGゲーム「Dungeon Siege(ダンジョン シージ)」のユーザー体験を展開していくと発表している。アニモカブランズについては、スクエニは2020年3月に、2.3億円の資金調達ラウンドを主導していた。

関連スクエニ、「ザ・サンドボックス」と提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します