米Spotify、NFTを試験導入 アーティストコレクションを一部で表示

アプリ内でNFT表示

定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyが、アーティストの公式ページにNFT(非代替性トークン)コレクションを試験的に設置していることが分かった。この取り組みは米国でAndroid端末を使用する一部のユーザーのみを対象に実施している。

現段階では、音楽プロデューサーのスティーブ・アオキ氏とイギリスのロックバンド「ザ・ウォンバッツ」のアーティストページ上では、彼らのNFTコレクションが確認されている。NFTをタップするとOpenSeaなど外部のNFTマーケットプレイスサイトへと遷移する仕組み。

Spotifyでは従来Tシャツなどのグッズが表示されており、そこにNFTも今後追加されていくことが示唆された格好だ。

Spotifyの広報担当者はイギリスの音楽&技術メディアMusic Allyに対して以下のようにコメントした。

Spotifyはアーティストのプロフィールページを介して、彼らが実施している『サードパーティ製のNFTオファリング』を促進するため、少数のアーティストグループを支援するテストを実行している。

Spotify社は、NFTの紹介機能はあくまでもアーティストとファンのエクスペリエンス向上を目的とした実験的取り組みの一つだと説明。この取り組みでNFTの販売手数料を徴収する予定はないとした。

なお、SpotifyのNFT表示機能は、動画やGIF、音楽NFTには対応していない。また、何人のアーティストページで本機能が実装されているかは定かではない。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

アーティストのNFT展開を支援

技術系ニュースサイトThe Vergeによると、スティーブ・アオキ氏とThe Wombatsのアーティストページでは、楽曲リスト下部にNFTギャラリーが表示されている。スクロールしてコレクションを閲覧したり、個別のNFTを拡大したり、簡単な説明を表示できる。

アオキ氏は2021年にNFTのオークションプラットフォーム「NiftyGateway」で「Hairly」NFTを888,888.88ドル(約1.3億円)で販売したことで知られ、現在はNFTに基づく自身の会員クラブ「Aokiverse」を運営。ザ・ウォンバッツは22年1月に分散型NFTゲーム「The Sandbox」の仮想世界で使用できるアバターNFTを3000点販売していた。

関連:スティーブ・アオキ氏「NFT収入が音楽収入を上回った」

22年に入り、大手SNSではNFT機能の導入がトレンド化しつつある。

ツイッターは1月よりNFTをプロフィール画像に設定する機能を導入。当初は有料版のユーザーに限定されていたが、現在は全てのユーザーに機能は公開されている。

また、インスタグラムも一部の米国ユーザーを対象に、5月9日からアプリ内でのNFT(非代替性トークン)対応を試験的に開始。当初はイーサリアム(ETH)ポリゴン(MATIC)上のNFTに対応し、その後はソラナ(SOL)フロー(FLOW)のNFTも導入していく予定だ。

関連:米インスタグラム、NFT投稿機能を今週試運転へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します