米コインベース、FLOWの新規上場を実施

FLOW新規上場

大手暗号資産取引所コインベースは19日、仮想通貨フロー(FLOW)の取り扱い開始を発表した。

入金は既に開始しており、流動性が基準に達し次第、早くて日本時間20日1時より取引を開始する。

取り扱いペアは以下の通り。対象地域のみでの提供となるため、留意したい。

  • Flow(FLOW)/米ドル(USD)
  • Flow(FLOW)/テザー(USDT)

FlowはCryptoKittiesやNBA Top Shotを手がけてきたDapper Labsの開発したNFT(非代替性トークン)に特化した独自のL1ブロックチェーン。FLOWは同プラットフォームのネイティブトークンで、手数料の支払いやステーキングなどの場面で利用できる。

関連:米コインベース、独自のシンクタンクを発足

なお、コインベースは5月上旬に銘柄新規上場の改善策を公開。今後はツイッター上では上場発表を行わず、公式ページで新規銘柄の情報を更新していくとしたが、今回ツイートがされていた。

関連:米コインベース、銘柄新規上場の改善策を講じる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します