国内取引所DMM Bitcoin、トロン(TRX)の現物取引など取り扱い開始

TRX、取り扱い開始へ

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinは25日、トロン(TRX)などの取り扱い開始を発表した。

トロンの現物取引は6月15日より、日本円(JPY)建の取引ペアから開始する方針。

また、他にも新たに以下4銘柄のレバレッジ取引を提供する。

これにより、現物取引は12銘柄、レバレッジ取引(証拠金取引)の取り扱い数は国内最多の19銘柄となる見込みだ。

トロンとは

トロンはdApps(分散型アプリ)の開発・構築を念頭に置いたブロックチェーン・プロジェクト。今月上旬には新たなステーブルコイン「Decentralized USD(USDD)」がトロンを基盤にローンチされていた。

仮想通貨TRXを出し入れして価格の一定性を保つ仕組みを持っている。

国内では、BITPOINTとHuobi Japanでトロンの取り扱いがある。

関連: 初心者でもわかる仮想通貨トロンとは|特徴や仕組みを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します