イーサリアム急落で1700ドルの節目迎える、BTC.Dにアルト市場からの資金抜けシグナルも

仮想通貨市況

26日の米株式市場では、ダウ平均株価が前日比516.91ドル(1.6%)高、ナスダック指数が前日比305.91ドル(2.6%)高と続伸した。

売られ過ぎ水準にあったことに加え、当日の決算では米景気の底堅さも確認され、小売り企業の業績悪化懸念が後退したことが背景にある。

一方、27日の暗号資産(仮想通貨)市場は弱含んでおり、ビットコインは前日比-3.4%の367万円(28,951ドル)と下落した。

BTC/USD日足

今回は、イーサリアム(ETH)市場が先導して下落する形となったとの見方がある。イーサリアム先物市場では26日、1億6000万ドル相当のレバレッジロングポジションがロスカット(清算)された。

ETH/USD日足

1700ドル台は、21年3月以降の大幅下落局面でいずれも下値支持線となった重要ラインだ。この水準を割り込むと、前仮想通貨バブルの18年1月の最高値である1420ドルが視野に入る。

Miles Deutscher(@milesdeutscher)氏は、ビットコイン建の「ETH/BTC」チャートが崩壊しつつあると指摘。市場占有率を示す「BTCドミナンス」の上昇に注意するよう呼びかけた。

金融市場のリスクオフ長期化でアルトコイン市場から資金抜けシグナルが加速しており、相対的にBTCが強くなっていることを意味する。

BTCドミナンス 週足

オンチェーンデータ分析

IntoTheBlockのイン/アウトオブザマネーアラウンドプライスモデルによれば、2021年の最安値付近である29,190ドル〜30,070ドルの間に出来高(需給)が集中している。

146万アドレスが900,000BTC以上を購入した価格帯であるが、5月12日の年初来安値25,370ドルを底割れた場合、パニック売りを引き起こすおそれがある。

BTC(IntoTheBlock)

イーサリアム(ETH)の場合、1ETH=730ドルのサポートライン(下値支持線)に1,331万アドレスの買いが集中している。

ETH(IntoTheBlock)

一方、最も大きなレジスタンスライン(上値抵抗線)は1ETH=2,550ドルにあり、この水準を抜けることが出来なければ本格的な上昇トレンド再来は難しいだろう。

アルトコイン市場

フィットネスアプリ「STEPN」関連銘柄のGreen Satoshi Token(GST)が前日比-31.6%、ガバナンストークンのGMTが前日比-38.6%と急落した。

中国当局の意向を受けたと思しき同国利用者向けのサービス利用停止措置発表が悪材料視された。中国ユーザーの保有するデジタルスニーカーなどNFTアセットの売り圧力を喚起し、需給悪化を招いたものと考えられる。

関連:STEPN、中国でのサービス提供を中止へ

新たに誕生したBSCチェーンのエコシステムでは、5月以降に過熱感が強まっていたこともあり、毎週開催される運営のAMA(Ask Me Anything)における介入示唆を警戒した反動売りもみられた。

テラ(LUNA)

騒動の渦中にあるテラ(LUNA)周りも展開が早い。

Terraのコア開発者は26日、ガバナンス投票に続き、コミュニティプールからの13億TerraUSD(UST)のバーン(焼却)が、賛成票99.3%で可決・承認されたことを発表した。これは、すでに供給されている112億USTの約11%に相当する。

関連:テラ、13億USTをバーン 復興プランの一部

ディペッグショックを引き起こしたアルゴリズム型ステーブルコインUSTのリバイバルプラン(復興計画)を目指すテラは26日、新しいブロックチェーン「テラ(LUNA)2.0」の独自通貨LUNAをエアドロップ(無料配布)する方針を明かした。

メインネットバージョンのアクティベーションは、今週金曜に行われる見込みで、旧チェーンは「テラクラシック(LUNC)」とする。なお、エアドロップされるトークンの30%は、ジェネシスブロックの直後に発行されるが、残りはロックアップされ今後2年間で配布される。

詳細:テラ2.0が27日実装へ LUNA保有者向けにエアドロップも実施

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します