Apex、アバランチとXRPレジャーのブリッジをローンチへ

XRPをDeFiで活用

アバランチ(AVAX)上のノードサービスなどを提供するApexは5月31日、暗号資産(仮想通貨)XRPの台帳「XRPレジャー(XRPL)」とアバランチブロックチェーンをつなぐブリッジをローンチすることを発表した。

このブリッジは今年の8月末までに一般利用できるようになる予定。それまでに監査を行い、ブリッジに保険も適用するとした。ブリッジがローンチされれれば、アバランチやイーサリアム(ETH)の仮想マシンと互換性のあるネットワークにXRPを速く安全に送金できるようになり、DEX(分散型取引所)などのDeFi(分散型金融)サービスでXRPの利用が可能になる。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

Apexはノード運営のためのツールやインフラも提供している企業。Apexのノードはアバランチやイーサリアム、ビットコイン(BTC)ライトニングネットワークなど、幅広いネットワークに展開されているという。

今回のブリッジの構築にはCatoshiの技術を活用。現在、Catoshiのブリッジは中集権型で運営されているが、次の段階では分散型に移行する計画だと述べている。

Apexはブリッジの脆弱性対策のため、ローンチする前にUnoReとCertikの監査を受けると説明。また、テストを繰り返した上でローンチするとし、ハッキングなどの攻撃を受けた場合に備え、UnoReの保険サービスも利用する。

関連チェーン間ブリッジの基礎知識と注意点:米大手取引所コインベースが解説

UnoReのJaskanwar Singh最高経営責任者(CEO)は、今回の発表に以下のようにコメントを寄せた。

ブリッジは性質上、脆弱性をはらむリスクがある。そのため、我々は資産の安全性を保証するため、特にブリッジには十分な保険が必要だと考えている。

これからアバランチとXRPLをつなぐブリッジを守っていきたい。

ブリッジがローンチされれば最初に、仮想通貨の交換(スワップ)などができる「ApexSwap」で「Wrapped XRP(wXRP)」が利用できるようになる予定。ApexはXRPLにノードを立てることも計画しているという。

出典:Apex

Wrapped Tokenとは

仮想通貨を別のブロックチェーン上で使用するための代替トークン。価格は元の仮想通貨に紐づく。元の仮想通貨に合わせ「wXRP」や「wBTC」などと表現される。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します