チェーン間ブリッジの基礎知識と注意点:米大手取引所コインベースが解説

活発化するブリッジの利用

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは20日、異なるブロックチェーン間でのトークン移動を可能にする「ブリッジ」について解説したブログ記事を発表。基本的な仕組みから、ユーザーが利用するにあたっての注意点をまとめた。

記事によると、イーサリアムと互換性のあるクロスチェーン間での活動が活発になったのは、アルトコイン市場での強気相場が本格化した2021年4月くらいから。9月12日にはブリッジを利用したトランザクションが最高の6万件/日を超えたという。

その背景には、(1)ブリッジアプリ数の増加 (例:Wormhole)、(2)イーサリアムと互換性のあるネットワークの増加、そして(3)イーサリアム以外のチェーンにおける分散型アプリ(dApps)の増加がある。

2021年にローンチされたイーサリアムと接続可能なネットワークには、Avalanche、Ronin、Arbitrum One、Optimism、Solanaなどがある。

ブリッジとは

コインベースは、ブリッジを以下のように定義している:

ブリッジとは、クロスチェーン通信技術を利用して、レイヤー1、レイヤー2、オフチェーンサービスなど2つ以上のネットワーク間でトランザクションを可能にするアプリケーションのこと

ユーザーがブリッジを利用する理由の一つは、イーサリアムより手数料が安く、迅速な取引が可能なネットワークにアクセスするためだ。また、ブリッジ技術で、ネットワークのネイティブトークン以外の資産を使用し、他通貨への価格エクスポージャーを得ることが可能になる。(例:ラップドBTC(wBTC)など)

ラップドトークンとは

ラップドトークンとは、他の仮想通貨の価値と紐付けられた仮想通貨のこと。預けられたオリジナル資産を裏付けとしたトークンを作成することで、実質的に様々なブロックチェーンでそのトークンを活用できるようになる。一例としては、ビットコインをイーサリアム上で使えるようにしたラップドBTC(wBTC)が挙げられる。

▶️仮想通貨用語集

さらに、より幅広いdAppsにアクセスするため、ブリッジを使用するケースもある。例えば、トランザクション速度やブロックサイズ制限のため、イーサリアムのメインネット上に展開できないゲーム用のアプリなどへのアクセスも、ブリッジ利用で可能になる。また、コミュニティへの無料トークンの配布など、ネットーワークのインセンティブプログラムに参加するためにも、ブリッジが利用されるようだ。

コインベースは、2022年第1四半期のイーサリアムブリッジへの日次入出金量(米ドル建て)を公開。出来高の増加は、プロジェクトの立ち上げやエアドロップ、インセンティブプログラム、さらにはブリッジへのハッキングなどの出来事に大きく影響を受けたと分析している。

ブリッジの仕組み

ブリッジはネットワーク間でトークンの移動を可能にするものだが、トークンそのものを移動するのではなく、ラップドトークンのように「トークンの表現物」をブリッジ契約でリンクさせるものだ。

チェーン間のリンクは次のようなプロセスで行われる。

  1. 資産(トークン)を元となるネットワークAのブリッジ契約Aに預け入れる
  2. ブリッジ契約Aは資産をロックし、送金先ネットワークBのブリッジ契約Bに通知する
  3. ブリッジ契約Bはロックされた資産を表す新たなトークンをミント(作成)する(Aのラップドトークン)
  4. ブリッジ契約Bは、新たに作成されたラップドトークンを、ネットワークBのアドレスに送付する

ネットワークBからネットワークAに資産を送る場合は、ブリッジ契約Bがラップドトークンをバーンし、ブリッジ契約Aに通知。ブリッジ契約Aは引き出し権限を検証し、問題がなければブリッジ契約Aにロックされていた資産のロックを解除する。

ブリッジの安全性

ユーザー資金が入出金のプロセスで引き出せなくなったり、サイバー攻撃の被害に遭う可能性など、ブリッジの利用にはリスクも伴うとコインベースは注意を促している。

例えば、ブリッジのセキュリティ面では、スマートコントラクトのバグや脆弱性があった場合、サイバー攻撃の対象となりかねない。今年2月には、主要ブリッジの一つであるWormholeがハッキングを受け、ソラナ(SOL)イーサリアム(ETH)のブリッジから12万のETH(約476億円)が流出している。

関連:仮想通貨取引所FTX、アップルやテスラなどトークン化された株式を1株未満売買可能に

ロックされた資産のカストディアンがサイバー攻撃の対象となる可能性もある。今年3月に起きたRoninブリッジ(NFTゲーム「アクシーインフィニティ」のサイドチェーン)からの不正流出は、700億円を越える被害となった。Roninブリッジを作成したSky Mavis社が運営する4つのバリデーションノードが、攻撃者によりコントロールされたことが原因だった。

関連:「アクシーインフィニティ」のRoninブリッジ、700億円超相当の仮想通貨が不正流出

またコインベースは、レイヤー1(メインチェーン)で、敵対的なマイナーやバリデーターがネットワークの50%以上のコントロールを掌握し、ロックされた資金を不正に取得する可能性や、何者かがブリッジ契約の通信アップデートを阻止する可能性なども、確率は低いものの不可能ではないと指摘。ブリッジを利用する際には、ロックされた資金の盗難による損失は、不可逆的であることに留意する必要があると警告している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します