マスターカード、複数電子市場でNFT購入に対応

複数電子市場で利用可能

米金融大手マスターカードは9日、複数のNFT電子市場でカードによる購入ができるようになったことを発表した。

マスターカードはWeb3を大衆に普及させる目的として、Immutable X、Candy Digital、ザ・サンドボックス(SAND)、Mintable、Spring、Nifty Gateway及びWeb3インフラプロバイダーのMoonPayと連携し、利用可能にしたという。

関連NFT系L2のImmutable X、ZKロールアップの「StarkNet」に対応へ

関連OpenSea、クレジットカードでのNFT購入に対応へ

MoonPayは4月に大手のOpenSeaと提携し、ビザ、マスターカード、Apple Pay、Google Payなどを介して、OpenSeaでNFTの直接購入に対応することを発表した背景がある。

マスターカードはNFT市場での対応の重要性について、「NFT電子市場は、アートからスポーツ、ビデオゲーム、コレクターズアイテム、メタバースプラットフォームにおいて2021年に3兆円以上の売上を上げて、NFT分野を急成長させた」としている。

なお、マスターカードは4月にNFT市場やメタバースでの決済や商取引などに関連する15件の商標登録を申請したことも明らかになっている。

関連マスターカード、メタバースやNFTにおける商標を申請

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します