真の分散型システムに不可欠なPLUGINのオラクル・ソリューションとは?

分散型システムに移行する社会

現代社会では、銀行を筆頭にあらゆる分野で中央管理者が制御するプラットフォームが利用されています。大企業が提供するサービスに安心感を感じるユーザーもいるかもしれませんが、実際には多くの利用者のデータや資産がリスクに晒されています。

資金や機密データ、プライバシー情報の管理方法について第三者機関に対する信用(トラスト)に基づいており、 特定の組織に権限を委ねているため、時々これらのセキュリティリスクが個人情報流出事件や人為的な誤操作などで顕在化することがあります。

ブロックチェーン技術はこうした中央集権に関連するセキュリティ上のリスクを排除し、単一組織への信頼が不要(トラストレス)な分散型システムの構築を可能にします。データの完全な制御を中央集権的な機関から分散型システムに移行することで、「DeFi」と呼ばれる分散型の金融アプリケーションが誕生しています。

ブロックチェーンというと、当初は時価総額で最大の暗号資産(仮想通貨)ビットコインの基盤技術として認知されました。その後、イーサリアム(ETH)やXinFin(XDC)のように、スマートコントラクトを実装可能なブロックチェーンプラットフォームが台頭しています。特にスマートコントラクトは現実のビジネスを変革するだけの潜在能力があり、DeFi領域は顕著なユースケースとなっています。

DeFiアプリケーションは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを組み合わせることで従来のマーケットメイキング機能を置き換えています。金融サービスに分散性と透明性、ピアツーピアの取引能力をもたらし、特に中央管理者を排除できる利点により、いまやDeFiは一大マーケットへと拡大しています。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、あらかじめプログラムされた条件に応じて、自動的に契約を執行する仕組みを指す。契約を締結する際には、仲介者や契約書作成などの事務作業が必要になる場合が多いため、自動的に契約を執行できるようにすることで、効率性向上やコスト削減などが期待できる。

▶️仮想通貨用語集

分散型システムに不可欠なオラクル

しかし、DeFiアプリケーションもその他のブロックチェーン技術のユースケースも、スマートコントラクトだけでは成立しない部分があります。DeFiが機能するには決済時に参照する価格フィードが必要であり、農家に保険サービスを提供する場面では特定地域の気象データが必要になります。金融マーケット情報に不可欠なインフレデータ等、外部からのデータを取り込むことで初めて多くのdApps(分散型アプリ)の実用性が発揮されます。

このように外部の信頼できるデータソースにアクセスし、ブロックチェーン上に正確に取り込む役割は「オラクル(Oracle)」が担います。1兆円規模に拡大しているDeFiマーケットにベースとなる価格フィードを提供するオラクルには高いセキュリティ水準が要求されます。つまり、攻撃対象となる「単一障害点」が無い、より分散型なオラクル・プロバイダーであることが重要になります。

簡単に言うと、従来のアプリケーションがAPIを介してデータを取得するのと同様に、オラクルはスマートコントラクトと外部データソースの仲介者として機能します。

例えば、あるDeFiアプリケーションがビットコイン価格(BTC/USD)のリアルタイム価格を要求としているとします。オラクルは検証済みのデータソースから該当データを取得してDeFiアプリケーションに提供し、提示されたレートに基づいてエンドユーザーは大切な資金を交換したりローンを借り入れたりします。万が一、間違ったレートがDeFiアプリケーションに提供されると、多額の損失につながり、訴訟に発展する可能性さえあります。

APIとは

「Application Programming Interface」の略で、アプリやソフトウェア同士をつなぐ役割を果たすもの。第三者が開発したアプリやソフトウェアが機能を共有できるようになる。

▶️仮想通貨用語集

このように、オラクルはDeFiアプリケーションと外部データを結びつける重要な役割を担います。そのため、分散型オラクルプロバイダーの構造はAPIほどシンプルではありません。信頼できるデータソースを提供し続けるために、分散型アーキテクチャを採用しています。単一障害点を発生させないためにオラクルプロバイダーは常に分散化された状態を維持するようノード参加者を動機付ける報酬体系を設けています。

分散型オラクル・プラットフォーム「PLUGIN」

PLUGINは、XDC Network上のあらゆるスマートコントラクトに対してコスト効率の良いソリューションを提供する、分散型オラクル・プラットフォームです。PLUGINは様々な外部ソースからデータを収集し、統合した上で、常に正しい価値情報を利用者に提供するよう設計されています。

収集したデータを統合し正確な値を導き出すプロセスは、分散型オラクルプロバイダーにとってユーザーから高い信頼を得る上で最も重要な要素です。しかし、このプロセスは完全にオートマチックに達成している訳ではありません。いかなる分散型オラクルプロバイダーも、正確なデータソースの選定とその検証作業をネットワークに参加しているコミュニティに委ねています。その点で、PLUGINでは優秀な検証者には報酬を与え、脆弱な検証者にはペナルティを与えるという「飴と鞭の手法」を採用しています。

他のオラクルプロバイダーと比較したPLUGINの特徴は、データフィードのバリエーションが豊富でXDC Networkエコシステムのニーズに対応できること。そして、データフィードの使用料が非常に安価であることです。

これらの特徴により、PLUGINはリーズナブルかつスケーラブル、そして信頼性の高い分散型オラクルプロバイダーとして市場で高い信頼を獲得しています。dApps(分散型アプリケーション)の可能性は無限であり、オラクルはdAppsの標準化に不可欠な構成要素です。PLUGINのネイティブトークンであり、オラクルノードの報酬体系に使用されている仮想通貨PLIは、Bitrue、Probit Global、Liquid(グローバル版)といった著名な仮想通貨取引所で上場を果たしています。

「PLUGIN」関連リンク

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します