NFT電子市場「Magic Eden」、Phantomウォレットと連携

Phantom上でNFT出品可能に

ソラナ基盤のNFT電子市場大手「Magic Eden」は23日、NFTの取引体験を向上させるために、ソラナ基盤のウォレットPhantomとの提携を結んだことを発表した。

NFTの機能に関してはこれまでPhantom上ではNFTの閲覧と送信しかできなかったが、今回の提携によって、ユーザーはスマホ版Phantom上で所有するNFTの価格を設定し、ウェブブラウザーからMagic Edenにアクセスせずとも出品することが可能になった。

また、出品したNFTの入札を確認することや、取引が成立すれば、Phantomからのプッシュ通知が表示されるといった機能も設けられている。

Phantomは最近ウォレットの機能強化を進めているところだ。今月上旬にウォレット内のトークンスワップ機能にソラナの分散型取引所アグリーゲーター「Jupiter Exchange」を導入していた。

Magic Edenは21日、シリーズBラウンドで複数のVCから約177億円(1.3億ドル)を調達したことを発表。ソラナNFTへの関心が高まる中、Magic Edenは新規資金を活用しP2PのNFT電子市場及びNFTローンチパッド機能を強化する方針を明らかにした。

関連ソラナ基盤NFT電子市場「Magic Eden」、新たに177億円調達

関連ソラナ・ウォレットを革新するアプリのトークン化規格「xNFT」とは?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します