CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム、PoS移行完了後3つのテストネットを閉鎖へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3つのテストネット閉鎖を通知

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のコア開発チームは21日、既存のテストネットのうち、Ropsten、Kiln、Rinkebyの3つを、「The Merge(ザ・マージ)」後に閉鎖する計画を発表した。GoerliとSepoliaという2つのテストネットはマージ後も維持される予定である。

開発チームは、ユーザーや開発者に対して、マージ後のテストを行うためには、早急にGoerliやSepoliaに移行することを推奨した。Kiln、Rinkeby、Ropstenのテストネットは現在非推奨であるという。

マージ(Merge)は英語で「統合」を意味しており、The Mergeでは、ユーザーが現在利用している旧イーサリアム(メインネット)と「ビーコンチェーン」と呼ばれる新しいチェーンを「統合」することにより、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の導入が完了する。

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは

「Proof of Stake(保有による証明)」の略。仮想通貨の保有期間も考慮する場合がある。取引の承認に高性能なコンピューターが必要で、大量の電力消費を伴うコンセンサスアルゴリズム「Proof of Work(PoW)」の代替手段として生まれた。承認を行うと、報酬として新規発行される仮想通貨を受け取ることができる。

▶️仮想通貨用語集

GoerliとSepoliaの違い

開発チームは、マージ後も維持されるGoerliとSepoliaの性質の違いについても説明した。

Goerliには、強力なコミュニティと、それをサポートする多くの既存インフラがあり、その状態はメインネットに最も近く、スマートコントラクトのインタラクションをテストするのに便利だという。

このため、プロトコルのアップグレードをテストするステーカーや、既存インフラで機能を検討したい開発者に推奨される。

一方、Sepoliaはかなり新しく、その状態や履歴はどちらも非常に規模が小さい。つまり、このネットワークは同期が早く、ノードを動かすのに必要なストレージも少なくて済む。このため、より軽量なチェーンとの同期やインタラクションを望むユーザーや開発者に推奨されるという。

閉鎖スケジュール

開発チームは、残り3つのテストネットについては、「完全にシャットダウンされる前に移行を計画する時間がまだある」として閉鎖スケジュールを示している。

まずKilnが、2022年後半に予想されているメインネットのPoS移行後すぐにシャットダウンされる予定だ。マージ後、最初にシャットダウンされるテストネットになると予想されている。

また、Ropstenテストネットは、2022年第4四半期(10~12月)にシャットダウンされる予定。Rinkebyは、Sepoliaに置き換えられ、SepoliaがPoSに移行してからおよそ1年後の2023年2Q/3Q(4月~9月)頃にシャットダウンされる見込みだ。

イーサリアムは、ユーザーや開発者がメインネットでプロジェクトなどを動かす前にテストするための多くのテストネットを持つ。これらはメインネットのコピーであり、ETHやその他のトークンは価値を持たない。

一方で、テストネットはフル機能を持つブロックチェーンであるため、その履歴やデータなどは時間とともに増大し、最終的にはノードの運用やメンテナンスが難しくなる。このために、一部のテストネットが定期的に閉鎖されることになる。

テストネットとは

開発者が新しい機能を追加してその挙動を検証する、本環境(メインネット)前の試験環境のこと。テストネットは独立して存在しているので、もしシステムを壊してしまっても本番環境であるメインネットに影響を与えることがない。開発者にとっては心置きなく新しいアイディアを実装することが可能。テストネットで使われる独自の通貨は、メインネットの通貨と互換性はない。

▶️仮想通貨用語集

イーサリアム開発チームは10日、マージに関する難易度爆弾の発動を遅らせる提案EIP5133を採用することを報告していた。

難易度爆弾(ディフィカルティボム)は、バリデータ(マイナー)を、スムーズに新たなチェーンに移行させるために行われる措置である。EIP5133は、マージの完了を、早くて2022年8月中旬までに目標設定しているところだ。

関連イーサリアム開発チーム、難易度爆弾の発動延期

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア