BlockFi、仮想通貨取引所FTXの米国部門に買収権を付与へ

FTX USと最終契約を締結

暗号資産(仮想通貨)金融サービス企業BlockFiは1日、大手仮想通貨取引所FTXの米国部門「FTX US」と、今後に向けた最終契約を締結したと発表した。

契約した内容は主に2つあり、1つ目は財政難に直面するBlockFiに対し、FTX USが約540億円(4億ドル)の融資枠を与えること。2つ目は、最大2.4億ドルの変動価格でBlockFiを買収できる権利をFTX USに提供することだ。この契約額は、他の潜在的な要素と合わせると、合計で最大6.8億ドルになるとも説明。両社が最終契約に合意したため、これから株主による承認を得ることになる。

関連FTX、BlockFiを割安価格で買収か

仮想通貨市場低迷の影響を大きく受けているBlockFiを巡っては、これまで様々な報道がなされていた。FTXが先月、2.5億ドルの融資枠をBlockFiに提供することは公式に発表されたが、それ以外にも、例えば競合他社Lednを含む複数の企業が出資を打診していることも新たに報じられている。

関連仮想通貨レンディング企業Ledn、BlockFiへ出資検討か=報道

関連BlockFiへの緊急融資に不都合な条件、筆頭株主が対策を模索=報道

今回の契約が締結されたのは6月30日。BlockFiの発表に合わせて、同社Zac Prince最高経営責任者(CEO)は、今回の融資枠はまだ利用しておらず、プロダクトやサービスは通常通り運営されているとコメントした。そして、以下のように述べている。

最終的に我々は、FTX USという最高のパートナーを見つけることができた。

今回の契約は当社の株主にとって、また仮想通貨のエコシステム全体にとっても最高の選択になるだろう。

またPrince氏は、現在同社が抱えるエクスポージャーはなく、これまで被った限定的な損失はBlockFiで吸収できるため、顧客の資産に影響を与えることはないとも強調した。

エクスポージャーとは

投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、価格変動などのリスクにさらされている金額や残高、比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

これまでBlockFiを巡っては、仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital」と見られる大手顧客のポジション清算や規制当局への罰金の支払い、人員削減といった苦境が明らかになっていた。

関連大手ヘッジファンド「Three Arrows Capital」、ビットコインのポジションを強制清算か=FT報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します