BlockFiへの緊急融資に不都合な条件、筆頭株主が対策を模索=報道

BlockFiへのFTX融資枠

暗号資産(仮想通貨)投資企業Morgan Creek Digitalは、苦境に立たされている仮想通貨貸借サービスプラットフォームBlockFiを救済するために約340億円(2億5000万ドル)の資金調達を検討していると報じられている。

この動きは21日にBlockFiがサインしたことを発表した、FTXによる同額のクレジットファシリティ(信用供与枠)への対抗策となる。

関係者情報と収支報告の録音に基づいて米Coindeskが26日に報じた内容によると、FTXからの融資枠には交換条件があったようだ。BlockFiの株式について実質ゼロ円での購入オプションをFTXに与える内容で、仮にFTXがオプションを行使すれば、ストックオプションの権利を有する従業員を含むBlockFiの既存株主全員が保有する株式を失うことになる。

Morgan Creek DigitalのMark Yusko共同創設者は会議で、投資家から急ピッチで資金を募っていると語ったという。同社はBlockFiの大株主であり、BlockFiのシリーズCの資金調達ラウンドではリードインベスターを務めた。

Yusko氏は、BlockFiへの投資を回収するためにできる限りのことをしているが、成功は遠いと説明している。

唯一の選択肢は、同等の金額を株式で調達すること。それこそが、我々が取り組んでいることだ。可能性は10%程度だが、ゼロではない。

21日のリリースで、BlockFiはFTXのタームシート(契約書)にサインしたと報告したものの、数日後に発行される最終文書に準拠するとの但し書きがあった。

そして、Yusko氏はこの取引がおそらく3日後に確定すると投資家に伝えたという。

BlockFiの苦境の一端は、債務超過に陥ったヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)が担っている。3ACは2020年にBlockFiに戦略的投資を行った経緯で、BlockFiから多額のビットコイン(BTC)を融資されていたとみられる。17日には、BlockFiのマージンコール(追加証拠金の要請)に応じることができず、3ACのポジションが強制清算されたことも報じられた。

関連:仮想通貨取引所FTX、BlockFiの株式取得か=WSJ

BlockFi救済オプション

Yusko氏はまた、暫定的とはいえ、クレジットファシリティのオファーを受けた時点でBlockFiサイドがそうした条件を受けたのには、それなりの理由があったことを会議で認めている。

いくつかの緊急融資オファーの中でFTXの提案は、顧客資産を優先する唯一のものだったという。他のオファーでは出資者が投資を回収するまで、BlockFiの顧客資産が出金できなくなる内容だったようだ。

現在のところ、BlockFiは顧客資金の出金停止は行っていないが、有利子口座サービスで仮想通貨預金に対する利率を7月1日から上げることを24日に発表した。

FTXがBlockFiの株式取得に向けて協議している事は、24日にWall Street Journalも伝えていたが真相は分かっていない。

Yusko氏はまた、FTXとの共同契約の可能性も示唆しており、BlockFiを救済するために資本の一部を出し合うプランについて鋭意検討する構えを示したという。同氏はFTXについて、恐慌の最中に信託会社ニッカーボッカーの信用不安を煽り、銀行グループと救援軍を結成して危機に対処したJPモルガンを引き合いに語った。

17日には、FTXの親会社に当たる仮想通貨投資・トレーディング企業Alameda Researchが、仮想通貨取引プラットフォームVoyager Digitalに信用供与(クレジットファシリティ)枠を確保したことが発表された。この契約にもBlockFiと同様の条件があると指摘されている。

24日には、米金融大手ゴールドマン・サックスが、財務的困難に陥っている仮想通貨融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)の資産の購入を検討していると報じられた。Celsiusは市況悪化の影響で運用資産が回収困難になったと推測されており、13日に顧客資産の引き出しやスワップ、口座間の送金の一時停止を実施。今もその状態が続いている。

関連:ゴールドマン・サックス、セルシウスの資産購入で調達か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します