CoinPostで今最も読まれています

夕刊CoinPost|7月12日の重要ニュースと仮想通貨情報

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。エアドロップ情報を下に掲載しています。
目次
  1. CoinPost重要ニュース
  2. Pick Up(日本国内ニュース)
  3. Pick UP(海外ニュース)
  4. 話題の仮想通貨情報
  5. 取引所上場情報

CoinPost重要ニュース

リップル社、インド市場で50%のシェア獲得の見通しか|仮想通貨XRPの長期需要に期待感

米リップル社で商品部門副代表を務めるAsheesh Birla氏が、リップル社が目指すインド市場での展望について言及。

リップル社が20億人もの国民を抱えるインドの巨大市場にターゲットを置いていることについて言及した。

リップル社、インド市場で50%のシェア獲得の見通しか|仮想通貨XRPの長期需要に期待感
米リップル社で商品部門副代表を務めるAsheesh Birla氏が、リップル社が目指すインド市場での展望について言及。リップル社が20億人もの国民を抱えるインドの巨大市場にターゲットを置いていることについて言及した。

ライトコイン財団:トークンペイ社との提携により、ドイツWEG銀行の株式9.9%を取得

ライトコインは、独自のブロックチェーンプロトコルを構築し、ネイティブトークンTPAYを開発している「トークンペイ」と提携を締結したと発表。

仮想通貨が、既存の金融機関を脅かす存在としてではなく、新たなパートナーとして認識され、受け入れられるという好事例となった。

ライトコイン財団:トークンペイ社との提携により、ドイツWEG銀行の株式9.9%を取得
ライトコインは、独自のブロックチェーンプロトコルを構築し、ネイティブトークンTPAYを開発する「トークンペイ」とパートナーシップの締結を発表。仮想通貨が、既存の金融機関を脅かす存在としてではなく、新たなパートナーとして認識され、受け入れられるという好事例となった。

仮想通貨配布イベント|7月の注目エアドロップ(Airdrop)まとめ

今月起こる注目すべきエアドロップイベントをピック。

イベントが公開次第、随時更新しています。

仮想通貨配布イベント|7月の注目エアドロップ(Airdrop)まとめ
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

Pick Up(日本)

GunosyとAnyPayがブロックチェーン関連事業を行う合弁会社の設立に合意

情報キュレーションアプリ「グノシー」を提供するGunosyとわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」やICOのサポートを行なっているAnyPayが合弁し、新たにブロックチェーン関連事業会社LayerXを設立した。

ブロックチェーン技術に特化したコンサルティングや開発、及び自社サービスの開発・運営を行うほか、ハッキングを防ぐコード監査 や、技術サロンの運営をするトークン事業、及び仮想通貨マイニングに関する事業などの展開を検討しているとのこと。

参考:Gunosy AnyPay 合弁会社 プレスリリース

ドラギ総裁を悩ます仮想通貨と闇社会

若者と欧州中央銀行(ECB)の交流を図る「アスク・ドラギ(ドラギ総裁に聞いてみよう)」。

注目を集めたやり取りがある。

「あなたが学生だったらビットコインを買いますか」。

一瞬、戸惑った表情を浮かべたドラギ総裁は苦笑しながら答えた。

「私が飛びつくことはない」

ドラギ総裁を悩ます仮想通貨と闇社会

ビットコイン取引の中心、中国から日本に移動-中国当局の統制強化で

中国国営の新華社通信が報じた中国人民銀行(中央銀行)の情報によると、世界で取引されるビットコインのうち、人民元建ての比率が1%を割り込んだ。

同国政府が昨年、国内を拠点とする複数の仮想通貨交換業者を閉鎖する以前には、ビットコイン取引の半分以上が人民元建てだった。

ビットコイン取引の中心、中国から日本に移動-中国当局の統制強化で

Pick UP(海外ニュース)

韓国政府が多くの取引所ハッキング事件で非難される

投資家を保護する措置が欠如しており、韓国政府は仮想通貨取引所を狙った多くのハッキングを防止するのに力を入れていないと非難されている。

韓国メディアによると、複数の政府機関で行った「仮想通貨取引所ハッキング事件」に関する調査データが国会へ届けられ、今までハッキングで盗難された仮想通貨は約1億1千5百万ドルに当たるとのこと。

政府は昨年9月から今年3月にかけて31取引所に対しセキュリティ検査を行い、セキュリティにおける技術面を高めるように忠告したにも関わらず、3つの取引所が検査後に再びハッキングされたことで、国会議員から非難の標的とされている。

更に、世界的に有名な韓国大学の情報セキュリティ大学院のLim教授は、

「政府が未だ仮想通貨に対する法的規制を定めていない。でもBithumbやその他の取引所はすでに確実に金融機関の役割を果たしているので、政府はこの産業に見合った規制システムを立ち上げるべきだ」

と主張し、仮に現状のままに放置し続けると、「損害は間違いなく深刻になる」と強調した。

憶測飛び交う中TwitterがTron本社を訪問

Twitterが時価総額11位のTRON本社を訪問し、Twitter社が3月に発表した仮想通貨関連の広告禁止を見直す可能性があるのではないかと憶測が飛び交っている。

Tronの創設者Justin Sun氏がTwitter社が本社を訪問した事をツイートした事から噂が始まった。

提携を結ぼうとしている、Twitterが仮想通貨の状況を詳しく知ろうとしている等、予想は無数にあるが、なぜTwitterがTronを訪問したか具体的な理由は未だに明かされていない。

Ripple社が幹部の人事異動:Schwartz氏をCTO、元fb幹部を事業開発部門のトップとして抜擢

Ripple社はChief CryptographerだったDavid Schwartz氏がCTOに異動し、新たなに以前facebookやMastercardにいた経歴を持つKahina Van Dyke氏を事業開発責任者として任命した。

RippleのCEO、Garlinghouse氏のツイートで人事異動が発表された。

Garlinghouse氏は二人について

DavidとKahinaは成功の象徴だ。今後のRippleの成功に必ず貢献してくれるに違いない。二人は重要なチームメンバーだ。

と述べた。

Schwartz氏はRippleの技術戦略と開発を担当し、金融業界で20年の経験を持つVan Dyke氏は新たな戦略的提携を結ぶ事に焦点を置く。

参考:Ripple社リーダーシップチームからのお知らせ

HTCがCrypto Kittiesと提携:ブロックチェーン・スマホを年内に公開予定

台湾の携帯メーカーHTCは年内にブロックチェーンスマートフォンを公開する事を発表しているが当初とは違い、携帯に独自のブロックチェーンはない事が新たに判明した。

ブロックチェーンスマートフォンには独自の仮想通貨ウォレットとクリプトキティーズのアプリが搭載されている。

肝心の価格は約1000ドルだとHTCのCEOであるチェン氏が明かした。

カナダ仮想通貨取引所Coinsquare:Dlta 21 Blockchain Corpと共に日本に参入予定

カナダの仮想通貨取引所CoinsquareはDlta 21 Blockchain Corpと提携し日本市場に参入する計画を発表した。

CoinsquareはBTC、BCH、ETH、LTC、DOGEやDASHを取り扱っており、金融庁の規制を遵守しながら登録の申請を待つ。

金融庁の担当者はBitcoin.comとのインタビューで現在「100以上の仮想通貨事業者が日本市場に参入する意思を表明している」ことを述べており、Coinsquareもその列に加わることとなった。

Coinsquareは扱っている95%の仮想通貨をコールドストレージで保管するポリシーを持っており「カナダ一安全なトレーディングプラットフォーム」だと主張している。

取引所上場情報

IDEX:Zippie (ZIPT)

Cryptopia:BoxxToken (BOXX)

Cryptopia:Condominium (CDM)

Huobi:Waltonchain (WTC)

免責事項

仮想通貨投資は必ず利益が得られるものではございません。その商品性を理解し、仮想通貨投資、仮想通貨購入時は自己責任の下行なって下さい。

また、仮想通貨は非常にその変動性が高くハイリスク・ハイリターンとなっている他、価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク、さらにはセキュリティリスクなど様々なリスクがあり、そのリスクを十分理解した上で、投資家の自己責任原則の下投資を行なって下さい。

取引所の口座開設時のリスクに関する項目等もよくお読みになった上で、投資をされる事を推奨いたします。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア